『羅生門』にインスパイアされた米NBCの新作ドラマに『アイアン・フィスト』のあの人が出演!

『羅生門』にインスパイアされた米NBCの新作ドラマに『アイアン・フィスト』のあの人が出演!

米NBCが製作する、黒澤明監督の映画『羅生門』(1950年)にインスパイアされた法廷ドラマ『Prism(原題)』に、Netflixのマーベルドラマ『アイアン・フィスト』と『ザ・ディフェンダーズ』で、悪役バクトを演じたラモン・ロドリゲスの主演が決定した。米Varietyをはじめとする複数メディアが報じている。


【関連記事】【ネタばれ】MARVEL×Netflixドラマに登場する個性豊かで魅力的な悪役たち


日本映画として初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞とアカデミー賞名誉賞を受賞した『羅生門』は、芥川龍之介の短編小説「藪の中」と「羅生門」を元にした作品。平安時代の乱世を舞台に、侍の妻への暴行、そしてその夫の侍殺人の事件を、侍の妻、盗賊、そして殺された侍の幽霊らが証言をする姿をそれぞれの視点から描いたもの。三船敏郎、森雅之、京マチ子らが出演している。


『Prism』の各エピソードは、殺人事件の裁判に関わる異なる主要キャラクターの視点で描かれる。その新たな視点により謎や疑惑が深まり、視聴者がそれまで目にした出来事に疑問を投げかけ、裁かれるべき人物が裁判にかけられているのか問いたくなるような展開になるという。アンサンブル構成で複雑なキャラクターによって綴られるシリーズは、誰が最も説得力ある物語を語っているかの方が、真実よりも大切なのか...という点を視聴者に考えさせる作りとなるようだ。


本作で、ラモンは容赦ない検事エドゥアルド・グアティを演じることが分かっている。また、映画『ウォッチメン』やドラマシリーズ『ビリオンズ』などで知られるマリン・アッカーマンと、ミケルティ・ウィリアムソン(『シカゴ P.D.』)も出演が決まった。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月26日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。