米CWの新作ドラマ『Batwoman』、『ヘムロック・グローヴ』ダグレイ・スコットがバットウーマンの父親役に!

米CWの新作ドラマ『Batwoman』、『ヘムロック・グローヴ』ダグレイ・スコットがバットウーマンの父親役に!

米CWの『SUPERGIRL/スーパーガール』や、『レジェンド・オブ・トゥモロー』などに加わることになったDCドラマシリーズの最新作『Batwoman(原題)』。そのパイロット版で、Netflixのホラーファンタジードラマ『ヘムロック・グローヴ』などに出演しているダグレイ・スコットが、バットウーマンの父親役を演じることが明らかとなった。米TV Lineが報じている。


【関連記事】 DCコミックスのヒーロードラマの魅力に迫る!


ダグレイが演じるのは、LGBTQキャラクターとなるバットウーマンことケイト・ケインの父親ジェイコブ・ケイン役。米軍の大佐だった彼は、ゴッサムの民間警備会社"ザ・クロウ"で指揮を執り、バットマンに勝る街の警護を使命としているという役どころだ。しかし、自警団に対するジェイコブの慇懃無礼な態度が、彼の娘である新スーパーヒロインとの対立を招いてしまう展開となるようだ。


すでにバットウーマン役には、女囚コメディドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のステラ役で知られるルビー・ローズが決定。その他、キャスティングに名を連ねているのは、レイチェル・スカーステン(『クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮 -決断-』)、ミーガン・タンディ(『UnREAL』)、キャムラス・ジョンソン(『Marvel ルーク・ケイジ』)、ニコール・カン(『YOU ―君がすべて―』)。


カルト宗教団を描くドラマシリーズ『ザ・フォロイング』や、犯罪捜査ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』で製作総指揮を手掛けたマルコス・シーガがパイロット版で監督を務め、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』で脚本を担ったキャロライン・ドライスがショーランナーに任命されている。


イギリス出身のダグレイは、トム・クルーズ主演映画『M:I-2』の悪役ショーン・アンブローズ役で知られ、映画『スナッチ』のドラマ版となる『スナッチ・ザ・シリーズ』では元大強盗のヴィック・ヒル役で登場。映画『マリリン 7日間の恋』では作家のアーサー・ミラー役で出演し、幅広い役柄を演じて活躍している。


『Batwoman』のパイロット版は、カナダのバンクーバーにて3月より撮影開始予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:ダグレイ・スコット©Darren Brade

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年2月27日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。