【映画レビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』 アクション以外の温かな瞬間にも注目!

【映画レビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』 アクション以外の温かな瞬間にも注目!

ジェームズ・キャメロンの約25年越しのアイデアが、ついに具現化した。木城ゆきとによる90年代のSFバトル漫画「銃夢(ガンム)」を原作とする映画『アリータ:バトル・エンジェル』が、2月22日(金)から日本解禁となった。哀しい過去を背負った、繊細なサイボーグの少女。従来のCGとは一線を画す、豊かな感情表現に息を呑む一本だ。


【関連記事】『アリータ:バトル・エンジェル』ローサ・サラザール(アリータ役)直撃インタビュー


♦︎殺戮のエンジェル


ガラクタ同然の姿でスクラップ置き場に横たわっていたサイボーグの少女、アリータ(声とモーション:ローサ・サラザール)。記憶喪失で行くあてのなかったところを、年老いたイド博士(クリストフ・ヴァルツ)に救われる。馴染みのないディストピアのような世界に戸惑うばかりだったアリータだが、あどけない表情と親しみやすい性格が幸いし、すぐに新しい仲間たちが。ハンサムな不良のヒューゴ(キーアン・ジョンソン)との間にはいつしか特別な感情が芽生える。


ところが彼女は、3世紀も前に封印されたはずの殺人兵器だったと判明。自身の残酷なバックグラウンドに気づいてしまうアリータ。惨事を防ごうと彼女の元に送り込まれる刺客たち。極限まで磨き上げられた戦闘能力をフルに活用し、生き残りを図るアリータだったが...。


『アリータ:バトル・エンジェル』キャメロンのコメント入り、迫力満点の特別予告編はこちら



♦︎斬新なビジュアル...だけじゃない!

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年2月26日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。