アベンジャーズの架け橋となる男- 『キャプテン・マーベル』"若手エージェント"フィル・コールソンに注目!

アベンジャーズの架け橋となる男- 『キャプテン・マーベル』"若手エージェント"フィル・コールソンに注目!

マーベル・スタジオ最新作。"アベンジャーズ"誕生の鍵を握る女性ヒーローの始まりを描くサスペンスフル・アクション『キャプテン・マーベル』が、いよいよ3月15日(金)より公開となる。そんな本作には、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に欠かせないキャラクターの一人で、『エージェント・オブ・シールド』でお馴染みのフィル・コールソンが若きエージェントとして登場する。長年コールソンを演じてきたクラーク・グレッグのインタビューが到着した。


【関連動画】『キャプテン・マーベル』の予告映像はこちら!


クラークが演じるコールソンが初めて登場したのは、記念すべきMCUの第一作目『アイアンマン』(08)。その後、『アイアンマン2』(10)、『マイティ・ソー』(11)と立て続けに姿を見せ、アベンジャーズ結成を目指す国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.のエージェントとして、トニー・スタークやソーに接触をする重要な役どころを担当。そして、『アベンジャーズ』(12)では、個性がぶつかり合い、バラバラだったヒーローたちを結束させる、まさにアベンジャーズの"架け橋"となる。『アベンジャーズ』の後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』では、陰ながら彼らを支え、世界を守ろうと日々活動している。


そんなコールソンが『アベンジャーズ』以来の映画出演となる本作の舞台は、1995年。まだ、若手エージェントだったコールソンの姿を見ることができる。演じているクラークは、「この作品は、キャプテン・マーベルの誕生物語という側面があるのと同時に、ニック・フューリーやフィル・コールソンのオリジンストーリーという面もあるんだ」と口火を切る。そして、「この作品は、S.H.I.E.L.D.がその後を辿る未来に、とても重要な意味をもたらすんだ。本当の意味でS.H.I.E.L.D.の行き先を定義するような出来事を経験することになるよ」と、本作がその後のS.H.I.E.L.D.にとって、とても重要なストーリーなると語る。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月14日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。