【日本未上陸】殺人を犯したのはどっち? 視聴者の知力に挑む心理スリラー『Cheat』

【日本未上陸】殺人を犯したのはどっち? 視聴者の知力に挑む心理スリラー『Cheat』

刑務所の面会所で話し込む二人の女性。投獄の原因をめぐり口論を繰り広げているようだが、どちらが囚人でどちらが訪問者なのかは明かされていない。殺人を犯した女性とは、一体どちらなのか―? 視聴者の慧眼を試すミニシリーズ『Cheat(原題)』が、英ITVで3月中旬に放送され好評を博した。


【関連記事】英ITV新作ドラマに出演する『ウォーキング・デッド』デヴィッド・モリッシー


■反抗的な学生の私怨、ターゲットは大学教授

険悪なムードで話し込む二人の女性。刑務所内のガラス一枚を隔て対称に造られた面会室で、大学教授のリア(キャサリン・ケリー)と学生のローズ(モーリー・ウィンザー)が向き合う。互いへの憎しみで爆発しそうになる感情を押し殺し、震える声で互いを批難している。


事の発端はキャンパスで起きた殺人事件。ローズが提出した社会科のレポートが不自然なほどの出来栄えだったため、教授のリアは不正を確信。彼女自ら書いたものではないはずだとローズを告発した。プライドの高いローズはこれに激怒。怒りはすぐに復讐心となり、大学での生活は緊張を極めることとなった。視聴者にまだ明かされぬ空白の時間を経て、リアの夫アダム(トム・グッドマン=ヒル)が殺害されたことが明らかに。殺したのはどちらなのか? 画面と会話の隅々にまでヒントを求めたくなる、ミステリー色の強い心理スリラー。


■復讐に燃えるローズ

授業中のローズの態度は非常に反抗的。父親が大学に多額の寄付をしていることが心理的な余裕を与えているのだろうか。レポートで不正を働いたという指摘は彼女の気分を害し、やがて復讐心をたぎらせるまでになる。演じるのはモーリー。彼女は昨年、英BBC Oneの『Three Girls(原題)』で英国アカデミー賞主演女優賞を受賞。当時20歳という若さで偉業を果たしている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年4月1日の海外セレブ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。