『ウォーキング・デッド』を語り尽くす『トーキング・デッド』!あのキャスト、自分の死を言い当てていた...

『ウォーキング・デッド』を語り尽くす『トーキング・デッド』!あのキャスト、自分の死を言い当てていた...

大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』の本編放送直後にキャストやスタッフをゲストに迎えて貴重な番組の裏側が語られるトークショー『トーキング・デッド』。Huluにて配信中の同番組は、4月4日(木)0:00より『ウォーキング・デッド』シーズン9第15話「裏切りの代償」の全米放送直後に収録された回が配信となる。その内容をちょっとだけご紹介しよう。


【関連記事】【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』印象的な"死に方"ランキング10


(※以下は、『ウォーキング・デッド』シーズン9第15話までのネタばれを含みますのでご注意ください)


この回のゲストは、セディク役のアヴィ・ナッシュ、タミー役のブレット・バトラー、製作総指揮者のスコット・M・ギンプルの3人。第15話で多くのキャストが去ることになったが、その"降板代表"として登場したブレットが、まずは自分の死を知った時のことを回想。ショーランナーのアンジェラ・カンから電話で話があると言われ、「私、死ぬのね」とズバリ言い合てて相手を驚かせたそう。「6話分の契約だったし人がすぐ去るドラマだから、何かが起こると思ってた」と、察しの良さを披露した。


生き残ったセディク役のアヴィは、この回の脚本をもらった時に飛ばしながら読んで誰が死ぬのかを知り、その一人であるタラ役のアラナ・マスターソンに連絡。するとアラナから「私は平気。いいスピーチね」と言われて、そこで自分がスピーチする場面が用意されていることを初めて知ったと明かした。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年4月3日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。