『クリミナル・マインド』ロッシ役ジョー・マンテーニャが、最後の撮影を終え想いを語る

『クリミナル・マインド』ロッシ役ジョー・マンテーニャが、最後の撮影を終え想いを語る

人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』が、更新されたシーズン15をもって終了することは当サイトでもお伝えした通り。今回、デヴィッド・ロッシを演じるジョー・マンテーニャが、シリーズ最後の撮影を終え想いを語った。


【関連記事】「いずれシリーズが終了することも分かっていた。その言葉を実際に聞くのは変な感じだった」『クリマイ』A・J・クックのインタビューはこちら


FBIの行動分析課、通称BAUの創設メンバーであり、ギデオン(マンディ・パティンキン)の後任としてシーズン3からロッシ役でキャストに加わったジョー。彼が現地時間の5月13日(月)に、自身が出演するシーンの撮影を終えたことをSNSに報告した。「『クリミナル・マインド』の撮影を終えて、どんなに素晴らしい経験だったか振り返らずにはいられなかった。みんなが知っているように、私はシリーズの途中から参加したが、すぐにキャストとスタッフに歓迎され、初日からチームの一員だと感じさせてくれた」とコメントしている。


続けて、「その後の12年間はワイルドで素晴らしい経験だったし、デヴィッド・ロッシを演じられなくなると寂しくなるね。彼に命を吹き込んでくれた卓越した脚本と、素晴らしいキャストとスタッフも毎日恋しくなるだろう。"私たちは家族のようだ"と言ったら陳腐に聞こえるかもしれないが、それが真実だ」と、シリーズに別れを告げるつらさを明かした。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年5月16日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。