『ベスト・キッド』続編『Cobra Kai』に早くも第2弾!悪者師範が真の空手道に目覚める

『ベスト・キッド』続編『Cobra Kai』に早くも第2弾!悪者師範が真の空手道に目覚める

名作映画『ベスト・キッド』から34年の時を経て昨年登場した続編ドラマ『Cobra Kai』。映画版で主人公の宿敵だった空手少年ジョニーがドラマ版では主役を張っている。80年代に同役を演じたウィリアム・ザブカが、怠惰な中年男に成長したジョニーを続投。道場の看板を賭けたシーズン2は現在YouTube Premiumで配信中だ。


【関連記事】『ベスト・キッド』の30年後描く『Cobra Kai』 コブラ会復活で二人の対決再び...


真実の空手道とは? 卑怯な戦術でのし上がったコブラ会に変化が

いじめに遭っていたミゲル少年(ショロ・マリデュエニャ)をシーズン1で助け、すっかり懐かれてしまった中年男のジョニー(ウィリアム)。頼み込まれるままに空手道場「コブラ会」を開くと、あれよあれよという間にいじめられっ子たちの駆け込み寺に。こうしてジョニーが鍛えたミゲルは、念願の空手チャンピオン大会に出場する。運命のいたずらにより、ミゲルはジョニーの実の息子ロビー(タナー・ブキャナン)との決戦をクライマックスで迫られていた。


シーズン2でジョニーは、「情けは無用」というコブラ会のモットーに疑問を抱くように。チャンピオン大会で相手のケガを狙ったミゲルがジョニーの目を覚ましたのだ。道場の生徒に対し「汚い手は使うな」と指導方針を改めるジョニーだが、生徒のなかには急な方針転換を受け入れられない者も。一方、宿敵ダニエル(ラルフ・マッチオ)はロビーのために自ら道場を開き、正しい精神に則った流派「ミヤギ道」を伝授する。打倒コブラ会に全力を傾けていたダニエルは、ミヤギ道の教えを見つめ直した結果、コブラ会とともに繁栄する道を目指すと宣言するが...。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月16日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。