ギネス世界記録にも登録されているSFドラマ『スターゲイト SG-1』が復活? キャストが示唆

ギネス世界記録にも登録されているSFドラマ『スターゲイト SG-1』が復活? キャストが示唆

1997年から10シーズンにわたり放送され、世界最長SFドラマとしてギネス世界記録にも登録されている『スターゲイト SG-1』。本作に出演していたキャストが復活する可能性を示唆した。英Digital Spyが報じている。


【関連記事】『スターゲイト』で世界の神話・伝承めぐり!


『スターゲイト SG-1』は、1994年に公開された映画『スターゲイト』を下敷きにしたドラマ版。映画版の1年後から始まる本作は、ジャック・オニール大佐とダニエル・ジャクソン博士、サマンサ・カーター大尉らがスターゲイトを利用して、他の惑星に住む生命体と協力し合い、宇宙の支配を目論む異星人との戦いを繰り広げる。


先月行われたComic-Conイベントに登場したオニール大佐役のリチャード・ディーン・アンダーソンがシリーズの復活を尋ねられ、「"そう願うよ!"とすぐに答えるね。製作チームとの仕事はダイナミックで素晴らしく、快適でクリエイティブだった。お互いに、他の仕事では経験したことがなかった自由があったからね」と、リバイバルに乗り気な様子を見せていた。


しかし続けて、「これは私が決められることじゃない。他のキャストがどう思っているのか分からないしね。私が察するところ、(共同クリエイターの)ブラッド・ライトは何も計画していないようだね。手紙でも書くかな」と語っている。


一方、カーター大尉役のアマンダ・タッピングはもう少し前向きで、リバイバルについてクリエイターが製作会社である米MGMからアプローチを受けているとコメント。「どういう形にせよ、MGMがフランチャイズの復活に関心を見せていることを知っているわ。ブラッドと話をしたから知っているのだけど、MGMはリバイバルについて"彼にアプローチした"と言ってたわ。白黒はつけられないことは明らかだけど、リバイバルは良いことだと思う。シリーズか映画、"その週の映画"的な作品やミニシリーズとか。不可能じゃないはずよ」と明かしている。


リバイバルについて、キャストと製作会社は前向きである『スターゲイト SG-1』。クリエイターを説得したとき、復活するのかもしれない。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『スターゲイト SG-1』
(C)2011 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年5月17日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。