『NCIS』マーク・ハーモン、映画出演を断り続けている素敵な理由とは

『NCIS』マーク・ハーモン、映画出演を断り続けている素敵な理由とは

シーズン17への更新が決定している大ヒット犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』でシーズン1からリロイ・ギブスを演じるマーク・ハーモン。長年にわたりTVの第一線で活躍し続ける彼が、あえて映画に出演しない理由について明かした。米Cheat Sheetが伝えた。


【関連記事】ファンに惜しまれながらも『NCIS』シリーズを去ったキャラクター12人!


『NCIS』以前から人気TVシリーズで活躍してきたマークは、『レスキュー240』(1979年)、『Flamingo Road(原題)』(1980年~1982年)、『セント・エルスウェア』(1983年~1986年)、『リーズナブル・ダウト/静かなる検事記録』(1991年~1993年)、『シカゴ・ホープ』(1996年~2000年)などに出演。


しかし実は、『ダブル・フェイス(前・後)』(1986年)、『サマースクール』(1987年)、『プレシディオの男たち』(1988年)、『君がいた夏』(1988年)などの映画にも出演。作品の大小はさておき、数々の映画に出演していたが、TVシリーズを活動拠点を移した理由とは一体何だったのだろうか。


それは、ある映画の撮影に参加していたために、貴重な時間を逃したと感じたことがきっかけだったそうだ。


マークは1987年に女優のパム・ドーバー(『モーク&ミンディ』)と結婚。30年以上が経った現在も夫婦は仲が良く、タイ・クリスチャンとショーンという二人の息子にも恵まれた。ショーンは2008年に『NCIS』にてギブスの青年期役で俳優デビューを果たしている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年5月23日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。