『クリミナル・マインド』撮影終了。キャストがそれぞれの想いを語る<1>

『クリミナル・マインド』撮影終了。キャストがそれぞれの想いを語る<1>

2005年に米CBSで放送がスタートした大人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』は、更新されたシーズン15をもって幕を閉じる。そして先日ドラマの撮影を終えたキャストが続々とそれぞれのSNSに想いを綴っているので写真とともに紹介したい。


【関連記事】ロッシ役ジョー・マンテーニャのコメントはこちら


■マシュー・グレイ・ギュブラー(ドクター・スペンサー・リード役)


「君たちが(『クリミナル・マインド』が)恋しくなったとき、僕は目を閉じて、一緒に空を飛んでいるように考えるよ。みんな、とても愛してる❤」


またマシューは撮影終了前に、「永遠の『クリミナル・マインド』の撮影4日目。キャストの手を見る限り、僕たちがお互いに離れたがっていないことを"プロファイル"できるんじゃないかな」と綴っていた。


■カーステン・ヴァングスネス(ペネロープ・ガルシア役)


「本当に自分の仕事が好きだったら、仕事のことを想い出せるように仕事の写真を投稿するものよ。これは、(衣装担当の)ダリア・ドクターがいろんな瞬間を集めてトレイラーの壁に張った写真なの。私の心は喜びで壊れてしまったから、自分をしっかりさせるまで少し時間がかかったけど、幸いにも私にはこの番組で出会った素晴らしい7人の仲間(そして才能あふれる大勢のスタッフも)がいて、みんなには涙も見せられるし、私がどういう人間かを良く知ってくれている。これほどまでに長く、この仕事を続けられた贈り物に感謝してるわ。私の感謝は本当に無限大よ❤」


■A・J・クック(ジェニファー・"JJ"・ジャロウ役)


「初日から、私たちをサポートしてくれたみんなに心から感謝しているわ。本当にすごい経験だった。シリーズのキャラクターに別れを告げなくちゃいけないなんて、すごく悲しくなってしまう。ファンに対してもね。すごく変な感じ。ありがとう、みんな。愛してるわ」


A・J・クックもまた撮影終了前にも、想いを綴っていた。「昨日は、TVシリーズのアイコン的なキャラクターに別れを告げなくちゃいけなかった。エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)にデヴィッド・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)、タラ・ルイス(アイシャ・タイラー)、マシュー・シモンズ(ダニエル・ヘニー)、ルーク・アルヴェス(アダム・ロドリゲス)、クレイジーなみんなが大好きよ。撮影はあと1日を残すのみ。#クリミナル・マインド #気を引き締めて」


明日も引き続き<2>として、パジェット・ブリュースター、アイシャ・タイラー、ダニエル・ヘニーのコメントを紹介します。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
(c) ABC Studios

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年5月20日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。