『女王陛下のお気に入り』脚本家の歴史シリーズも!新作ドラマ現地直送レポート【Paramount編】

『女王陛下のお気に入り』脚本家の歴史シリーズも!新作ドラマ現地直送レポート【Paramount編】

今年も5月20日(月)から23日(木)の間、ロサンゼルスにてLAスクリーニング2019が開催されている。今日は、現地時間5月20日(月)にParamountシアターで行われた試写作品について紹介しよう。


【関連記事】昨年のLAスクリーニング現地レポートはこちら!『グッド・ワイフ』のイケメン俳優に遭遇!


『The Great』

第91回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた『女王陛下のお気に入り』のトニー・マクナマラがペンを執り、『メアリーの総て』のエル・ファニングが主演・製作総指揮を務める本作は、18世紀のロシアを舞台に他国からロシアの皇帝に嫁いだ女性が国の未来と自身の幸せの狭間で揺れながら成長していく姿を描く歴史ドラマ。壮絶な夫婦関係を『女王陛下のお気に入り』のようなシニカルな雰囲気で描きつつ、『ザ・クラウン』のように女王としての風格を帯びていく様を楽しめるドラマとなりそうだ。


エルが演じるキャサリンは「ロシア史上最強の女帝」と表されるエカテリーナ2世、ニコラス・ホルト(『X-MEN』シリーズ)が扮する彼女の夫ピーターはロシア皇帝ピョートル・フョードロヴィッチをモデルにしていると言われている。


マット・シャックマン(『グッド・ワイフ』)がパイロット版のエピソード監督を担う。


『Looking for Alaska』

原作は、『ペーパータウン』や映画『きっと、星のせいじゃない。』の原作者で米国出身の作家ジョン・グリーンのヤング・アダルト小説「アラスカを追いかけて」。全寮制の学校で出会ったティーンエイジャーたちに、ある衝撃的な出来事が起きるまでの100日あまりの出来事を追う青春ミステリー。


あわせて読みたい

気になるキーワード

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年5月22日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。