『リバーデイル』クリエイター、ルーク・ペリーが演じたフレッドの退場について語る

『リバーデイル』クリエイター、ルーク・ペリーが演じたフレッドの退場について語る

3月4日に脳卒中により52歳の若さで逝去したルーク・ペリーは、生前に米CWの人気青春サスペンスドラマ『リバーデイル』に出演中だった。シリーズでクリエイターを務めるロベルト・アギーレ=サカサが、ルークが演じていたフレッドの退場について語っている。


【関連記事】ルーク・ペリー、彼の遺作となるタランティーノ映画で親子共演


米Entertainment Weeklyのインタビューで、「シーズン3の最終話でフレッドがどうなるのか説明ありませんでしたが、ルークが演じたキャラクターにどう対処するか分かっているのですか?」と質問され、アギーレ=サカサが次のように答えている。


「『リバーデイル』では、間違いなくフレッドの死について触れるつもりだ。ルークが亡くなった時に製作チームは最後の2~3話をどうするか、ある程度概要を決めていたんだけど、慌てたくなかったし、きちんとした形にしたかったからね。だからシーズン4の初めに、100パーセント物語の中で対処する予定だ。そのエピソードでフレッドのキャラクターと俳優としてのルーク、そして友人としてのルークを称えたいと思っている」と、フレッドは出張中...といった具合に彼の不在を誤魔化すつもりはないと語っている。


ルークは、1990年代に10シーズンにわたって放送された人気青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』のディラン・マッケイ役でブレイク。そのリバイバル版となる『BH90210(原題)』は今年の夏に米FOXで放送される予定だ。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年5月25日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。