『24』の脚本家が贈るSFスリラーも!新作ドラマ現地直送レポート【ディズニー・スタジオ編】

『24』の脚本家が贈るSFスリラーも!新作ドラマ現地直送レポート【ディズニー・スタジオ編】
『24』の脚本家が贈るSFスリラーも!新作ドラマ現地直送レポート【ディズニー・スタジオ編】

米ロサンゼルスにて5月20日(月)から23日(木)の間、LAスクリーニング2019が開催されている。米5大ネットワークの新作ドラマについては先日当サイトでもお伝えした通りだが、現地時間5月20日(火)にウォルト・ディズニー・スタジオ内で行われた試写作品について紹介しよう。今年は初のディズニー・スタジオとFOXとの合同スクリーニングとなり、26本のパイロット作品から厳選された6本が上映された。


【関連記事】『女王陛下のお気に入り』脚本家の歴史シリーズも!新作ドラマを現地直送レポート【Paramount編】はこちら


『Stumptown』

『ママと恋に落ちるまで』のロビン・シェバツキー役や、映画『アベンジャーズ』シリーズのマリア・ヒル役などで知られるコビー・スマルダーズが主演する探偵ミステリー。グレック・ルッカ(『ホワイトアウト』)の同名グラフィック小説を原作としており、今年9月から米ABCにて放送されることが決定している。


コビーは、ギャンブルで借金を重ねる破天荒な私立探偵デックスに扮する。陸軍の諜報部員としてアフガニスタンに赴任していた過去を持つデックスは、自身が生まれ育った街、オレゴン州ポートランドで弟と二人で暮らしている。乱暴な物言いだが、依頼人の問題解決に奔走したり、過去の辛い経験がフラッシュバックするなど人間味のあるキャラクターが魅力で、一話完結型の展開が気楽に観られそうだ。


デックスと恋愛関係に発展しそうなポートランド市警のマイルズ・ホフマン刑事を演じるのは、『ザ・フォロイング』のマイケル・イーリー。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年5月23日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。