『メンタリスト』終了から4年!パトリックやテレサは今何をしている?

『メンタリスト』終了から4年!パトリックやテレサは今何をしている?

2008年より7シーズンに渡って放送された米CBSの大人気クライム・サスペンス『メンタリスト』が終了してから4年が経った。そこで同作で活躍した俳優たちの現在の様子を追ってみよう。


【関連記事】『メンタリスト』×『アイアンマン』=裁判のスペシャリスト!新感覚リーガルドラマ『BULL/法廷を操る男』


パトリック・ジェーン役(サイモン・ベイカー

【関連記事】サイモン・ベイカーの演技のモデルはあの喜劇王!?


7月30日に50歳となる(見えない!)オーストラリア出身のサイモン。アメリカ人のパトリックを演じていた本シリーズ卒業後は、TV業界からは少し離れている。


初監督・製作・脚本・主演を務める映画『ブレス あの波の向こうへ』は、7月27日(土)より日本でも公開となる。本作は、サイモンと同じく豪出身の作家、ティム・ウィントンが2008年に発表した同名小説を映画化したもの。オーストラリアを舞台に、サーフィンを通じて語られる少年の物語だ。


また、『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーや『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズのレニー・ゼルウィガー、『シカゴ・ファイア』のテイラー・キニーら豪華キャストと共演する最新映画『Here and Now(原題)』では、ニューヨークを舞台に脳腫瘍を患う女性(サラ)との大人の恋愛模様を繰り広げている。


プライベートでは、女優で妻のレベッカ・リグと3人の子どもに囲まれ、20年以上幸せな結婚生活を送っている。ちなみに、二人は結婚○周年という記念日のお祝いはしないそうで、気楽にいるのがおしどり夫婦でいる秘訣だとインタビューで語っている。レベッカは、『メンタリスト』シーズン1へのゲスト出演の経験もある。


テレサ・リズボン役(ロビン・タニー

この投稿をInstagramで見る

The truth can always be found. @robintunney stars as Maya Travis in #TheFix.


The Fixさん(@thefixabc)がシェアした投稿 -


【関連記事】『メンタリスト』テレサ・リズボン役のロビン・タニーに突撃インタビュー!


『メンタリスト』終了後、Netflixオリジナルシリーズ『LOVE ラブ』『欲望は止まらない!』などへのゲスト出演を続けていたロビンだが、先月に放送が終了したばかりの米ABCの新作ドラマ『The Fix(原題)』に主役として出演。O・J・シンプソン事件の主席検察官だったマーシャ・クラークが、『The 100/ハンドレッド』『ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間』などを手がけたエリザベス・クラフト、サラ・フェインと共に手がけた法廷ドラマ。国民を騒然とさせた裁判を担当した"できる女性"の主任検事マヤ・トラヴィス役。『メンタリスト』の時より少し痩せたかなという印象の本作では、テレサ役とはまた違った意志の強い飾らない魅力のある女性を演じている。


離婚歴のあるロビンだが、現在はパートナーであるインテリア・デザイナー、ニッキー・マーメットとの間に一人息子のオスカー君がおり、私生活も順調なようだ。


ティム・ハンター監督(『ツイン・ピークス』)が手掛ける2018年公開のサスペンス映画『ダークサイド』では、ニコラス・ケイジ(『リービング・ラスベガス』)と夫婦を演じており、こちらも注目だ。


キンブル・チョウ役(ティム・カン)

【関連記事】ティムもリスト入り!<アジア系編>イケメン俳優を求めて世界を巡る!


クールで真面目なアジア系のチョウ捜査官を演じた韓国系アメリカ人のティムは、なんと26歳まではサンフランコに住む普通のサラリーマンだったという経歴の持ち主。興味本位で受けた演技講座をきっかけに、仕事を辞めハーバード大学のシアタートレーニングに入学。その後出演した同作で一気にブレイクした。


シリーズ終了後は、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』『アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト』『リーサル・ウェポン』『マダム・セクレタリー』といった人気作でのゲスト出演をこなす。また、『マーベル クローク&ダガー』には複数話に渡り出演。『私立探偵マグナム』の2018年リブート版で、現在米国で大ヒット中の『Magnam P.I.(原題)』では、マグナムのことが嫌いなのに、いざという時には助けに向かうホノルル警察ゴードン・カツモト役でレギュラー出演している。


テコンドーの黒帯を持つティムは、俳優のジーナ・メイ(『ドルフ・ラングレン ガーディアン』)との間に、一人娘がいる。『メンタリスト』の初期2009年に生まれた娘の出産に立ち会うため、プロデューサーに事前に告げ、撮影を抜けたことも以前語っていた。警察官を演じることが多いようだが、これからも様々な役での活躍が期待できそうだ。


ウェイン・リグスビー役(オウェイン・イオマン)

【関連記事】『メンタリスト』オーウェン・イオマン、長年演じたキャラのエンディングに満足!


放火犯罪に強いウェイン・リグスビー捜査官を演じたオウェインは、英国ウェールズ出身。同国で英文学の修士を取得、そのまま博士号に進もうとしていたが、演技の道を専攻して現在に至る。『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』でヒルダを演じる俳優のルーシー・デイヴィスと結婚していたが、離婚。現在はジュエリー・デザイナーの女性と結婚しており、娘が一人いる。


オウェインは『メンタリスト』後、『ブラックリスト』『SUPERGIRL/スーパーガール』『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』などでゲスト出演をしている。


また、2014年から4シーズン続いた1700年代後半のアメリカ独立戦争が舞台のスパイドラマ『TURN: Washington's Spies(原題)』では、シーズン2からファイナルシーズンまで、ロバード・タウンゼンドという実在したスパイを演じていた。


映画業界にも進出しており、ケイティ・ホームズ(『ドーソンズ・クリーク』)主演作『Brahms: The Boy II(原題)』や、現在ロケ中のサスペンスアクション『SAS: Red Notice(原題)』などにも出演しており、活躍の場を広げている。


グレース・ヴァンペルト役(アマンダ・リゲッティ)

この投稿をInstagramで見る

Having a Disney kinda day at the Cozy Cone #novacancy #momlife #springbreak


Amanda Righettiさん(@amanda.righetti)がシェアした投稿 -


【関連記事】『メンタリスト』を支えるナイス☆サブキャラたち


CBI捜査官グレース・ヴァンペルトを演じたアマンダは、15歳の時にモデルデビューし、TV業界では1995年から子役として活躍してきたベテランだ。本作終了後は、『LOST』のソーヤーことジョシュ・ホロウェイが主演するアクションドラマ『COLONY/コロニー』で、マディ・ケナーを演じた。


私生活では2006年に映画監督のジョーダン・アランと結婚。現在、一人息子の母親でもあるアマンダは、『メンタリスト』シーズン5の時には妊娠中だった。よって、ふっくらしたお腹ができるだけわからないような角度で撮影が行われていたが、なんとなく気がついていた視聴者もいるだろう。


2017年には、Hallmarkの映画『Love at the Shore(原題)』にシングルマザーのジェンナ役で主演、大人の女性の恋愛模様を演じている。


いかがだっただろうか。それぞれ私生活も充実しつつ、映画やTVなどで活躍をしているキャストたち。何気なく映画やドラマを視聴している時に、「あ!『メンタリスト』のあの人だ!」と気がつくことがあるかもしれない。


(文/Erina Austen)


Photo:

『メンタリスト』
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年6月17日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら