『BULL/ブル 法廷を操る男』シーズン3、8月3日(土)より日本最速放送スタート

『BULL/ブル 法廷を操る男』シーズン3、8月3日(土)より日本最速放送スタート

大人気ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のアンソニー・"トニー"・ディノッゾ捜査官役でおなじみのマイケル・ウェザリーが主演を務める、人間心理にフォーカスした異色の法廷ドラマ『BULL/ブル 法廷を操る男』。米国で今年5月に放送終了したばかりのシーズン3が8月3日(土)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる(第1話無料放送)。


【関連記事】天才心理学者の主人公が本心を見抜く!実生活で役立つ心理術も満載の『BULL/ブル 心を操る天才』


スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮として参加し、全米で人気のTV司会者でもある心理学者フィル・マッグロウ(本作の製作総指揮も担当)がかつて"訴訟コンサルタント"時代にした体験をモデルに、ユーモアあふれる軽快なトークで、訴訟社会アメリカに実在する異色のプロ"訴訟コンサルタント"の活躍を描く新感覚法廷ドラマ。


"裁判科学"の専門家ドクター・ジェイソン・ブル(マイケル)が創始した"TAC(タック):トライアル・アナリシス社"は、クライアントに有利になるよう裁判をコントロールし、勝訴へ導くスペシャリストぞろいの会社。メンバーはブルのほか、元検事の弁護士ベニー(フレディ・ロドリゲス『ナイトシフト 真夜中の救命医』)、元国土安全保障省のマリッサ(ジェニーヴァ・カー『救命医ハンク セレブ診療ファイル』)、元FBIのダニー(ジェイミー・リー・カーシュナー『マーシー・ホスピタル 』)、スタイリストでロースクールにも通うチャンク(クリス・ジャクソン『ホワイトカラー』)、ハッカーのケイブル(アナベル・アタナシオ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』)で構成され、クライアントを勝訴させるべく、陪審員の選任を手伝って裁判の流れを有利にしたり、証人たちにアドバイスするなど、あらゆる手を駆使するプロ集団だ。ブルたちの心理学やテクノロジーなどを活用した裁判必勝テクニックは、サプライズがたっぷりで、毎話異なる事件の真相にユーモアあふれる軽快なトークを交えて挑むのも魅力だ。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年6月17日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。