子どもを狂気の異世界へさらう「吸血鬼」...スティーヴン・キングの息子が描く超常ホラー『ノスフェラトゥ』

子どもを狂気の異世界へさらう「吸血鬼」...スティーヴン・キングの息子が描く超常ホラー『ノスフェラトゥ』

雪に閉ざされた「幸せな世界」から、少女は子どもたちを救い出せるのか? 『NOS4A2(原題)』は、スティーヴン・キングの息子であるジョー・ヒルによる小説「NOS4A2-ノスフェラトゥ-」を映像化したシリーズ。米AMCで6月上旬から放送されている。日本ではAmazon Prime Videoで本国より早く全10話配信中だ。


【関連記事】『IT/イット』に続け!? S・キングの息子が手掛けたホラー小説を、米AMCがTVシリーズ化


芸術家志望の少女に宿った、不思議な能力

田舎の町で孤独な暮らしを送っている少女、ヴィク(アシュリー・カミングス)。高校卒業を控えた彼女は美術学校への進学を志望しているが、父は賛意を示しながらもなんら具体的な援助をしてくれない。母にいたってはそんな金はないと冷たい態度で、ヴィクは鬱屈した日々を送っていた。


そんな彼女はある日、子どもを誘拐するモンスターのマンクス(ザカリー・クイント)を追跡できる能力が自身にあることに気づく。マンクスはさらった子の魂をすすることを活力の源とし、抜け殻となった子どもたちの身体を「クリスマスランド」と呼ばれる雪で覆われた世界に捨て去ってゆく。毎日がクリスマスというその世界では、不幸を感じること自体がご法度。しかし幸せとは名ばかりで、ぞっとする光景が広がる。


マンクスの存在を知ったヴィクは、マンクスを捕獲することに使命感を抱く。一方マンクスも、ヴィクの強力なオーラから彼女の存在を認識。マンクスの瘴気に当てられる前にクリスマスランドから子どもたちを解放しようと、ヴィクは危険な旅への出発を決意する。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年6月19日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。