DC史上最も不気味?『ソウ』監督によるホラーテイストのヒーロードラマ『Swamp Thing』

DC史上最も不気味?『ソウ』監督によるホラーテイストのヒーロードラマ『Swamp Thing』

アメリカ南東部にある小さな町で、相次いで住民の身体に異変が起きる。町に馴染みのある科学者が調査に向かったところ、ウイルスによって変貌したと思われるおぞましい生命体が出現し...。ホラーテイストを織り込んだ新感覚スーパーヒーロードラマ『Swamp Thing(原題)』が、5月下旬から米の配信サービス「DC Universe」で配信中だ。


【関連記事】『ウォーキング・デッド』と『サバイバー』のあの人たちが『Swamp Thing』レギュラーに!


小さな町を襲う謎の奇病

ルイジアナ州の町にはびこる出血性の奇病を調査するため、久々に故郷へ戻ったアビー(『ティーン・ウルフ』のクリスタル・リード)。彼女は14年前に親友を亡くしたことがトラウマとなり、すっかり町から足が遠のいていた。現地を調査する中で未知のウイルスが粘着質の物体を形成していることを突き止めるが、そうしている間にも疫病は恐るべき速さで蔓延してゆき、ある家を訪ねたアビーは奇妙でおぞましい死体を発見。その遺体は、まるで意思を持っているかのような無数の植物のツルによって全身が覆われていた。アビーは調査の過程で知り合った研究者アレック(『POWER/パワー』のアンディ・ビーン)とともに事態を制しようと試みるが...。


「DC Universe」に加わる異端の能力者

DCやマーベルが得意としてきた既存のヒーロードラマにホラー作品の感覚を交えたユニークな本作の第1話で監督を務めたのは、『ソウ』『死霊館』といったホラー人気作を生み出してきたジェームズ・ワン。「DC Universe」が2018年9月に配信サービスを開始した時点で、コミック原作のドラマは人気だが供給過剰気味でもあった。その中でオリジナリティを確保してきた工夫が興味深い、と米Hollywood Reporter誌は同プラットフォームの戦略に注目する。バットマンの元相棒が独自の道を歩む『TITANS/タイタンズ』は、ダークでエッジの効いた仕上がりに。寄せ集めの異能者チームを描く『Doom Patrol(原題)』は、クセの強い展開でファンを魅了した。それらに続くオリジナルシリーズの本作『Swamp Thing』では、沼地に棲みツルを操るという独創的なモンスターが登場。数あるヒーロー作品との差別化に成功している。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年6月20日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら