スティーヴン・キング原作ドラマにアンバー・ハードらが出演か?

記事まとめ

  • スティーヴン・キング著の『The Stand(原題)』のドラマ化が企画され、アンバー・ハードらが出演交渉中。
  • 地球上のほとんどの人たちがある細菌に感染して死滅し、生存者たちが邪悪な超自然的な存在と戦いながら生きる物語。
  • ジェームズ・マースデン、ウーピー・ゴールドバーグ、グレッグ・キニアも出演交渉中とのこと。

ジェームズ・マースデンやアンバー・ハードほか人気スター多数、スティーヴン・キング原作ドラマに出演か?

ジェームズ・マースデンやアンバー・ハードほか人気スター多数、スティーヴン・キング原作ドラマに出演か?

米CBSの配信サービスCBS All Accessが製作し、スティーヴン・キングの同名小説をドラマ化する『The Stand(原題)』に、SF大作ドラマ『ウエストワールド』などに出演しているジェームズ・マースデンと、映画『アクアマン』や『リリーのすべて』などで知られる美人女優アンバー・ハードらが出演決定間近だと米TV Lineが報じている。


【関連記事】スティーヴン・キング作品はなぜヒットする?共通項を検証してみよう


全10話となる新ミニシリーズ『The Stand』は、1978年に出版されたホラーの巨匠スティーヴン・キングによるベストセラー小説のドラマ化。カリフォルニア州にある軍の細菌兵器研究所から実験中のウイルスが流出し、地球上の人口のほとんどが感染して死滅してしまう。そして、残された数少ない生存者は新たに社会を築かなければならなくなり、しかも彼らは邪悪な超自然的な存在とも戦わなければならなくなる...というストーリー。


ジェームズとアンバーの他には、コメディ映画『天使にラブソングを』シリーズや『ゴースト/ニューヨークの幻』といった作品で知られるウーピー・ゴールドバーグ、映画『恋愛小説家』などに出演し、最近政治サスペンスドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でピル・シェパード役を演じていたグレッグ・キニアも出演交渉中だと伝えられている。


現時点で登場キャラクターについては、ジェームズが演じる予定のスチュー・レッドマンしか詳細は明かされていない。スチューは患者第1号が発見された後もウイルスに感染しなかった抗体の持ち主で、政府機関はスチューの血液からワクチンを作ろうと試みる展開になるという。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年6月27日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。