「アンナ・カレーニナ」のドラマ版が製作へ、アガサ・クリスティー作品の脚本家が脚色

「アンナ・カレーニナ」のドラマ版が製作へ、アガサ・クリスティー作品の脚本家が脚色

「戦争と平和」や「復活」などで知られるロシアの文豪レフ・トルストイが1877年に出版した長編小説「アンナ・カレーニナ」。1900年代前半から何度も映画・TV化され、最近では2012年にキーラ・ナイトレイ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)とジュード・ロウ(『キャプテン・マーベル』)出演で製作されている本作が、TV版としてお目見えすることが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。


【関連記事】英BBCがトルストイの「戦争と平和」をドラマ化


物語は、1870年代のロシアを舞台に、政府高官カレーニンの妻アンナの波乱に満ちた人生を描いたもの。青年将校と出会い全てを捨てて真実の愛に生きる道を選んだアンナだが、不品行が知れ渡り社交界から閉め出された二人は次第に気持ちがすれ違い始め、周囲の人間関係も複雑に絡み合いながら泥沼の様相を呈していく...という世界文学に大きな影響を与えたストーリーだ。


脚本を執筆するのは、『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』や『リメンバー・ミー 水底の女』で知られるグウィネス・ヒューズで、英BBCスタジオ後援の製作会社Expectationが製作する。ヒューズは、ミステリーの女王と異名をとるイギリス出身の推理作家アガサ・クリスティーによる作品「死が最後にやってくる」を元にしたBBCのミニシリーズの脚本を担当し、最近では名誉殺人をテーマにした英ITVによる新作ドラマ『Honour(原題)』でもペンを執っている。


あわせて読みたい

キーラ・ナイトレイのプロフィールを見る
海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マーゴット・ロビー」のニュース

次に読みたい関連記事「マーゴット・ロビー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジュリア・ロバーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジュリア・ロバーツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クロエ・グレース・モレッツ」のニュース

次に読みたい関連記事「クロエ・グレース・モレッツ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月8日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。