『新スーパーマン』で父役 エディ・ジョーンズが84歳で永眠

記事まとめ

  • 『LOIS & CLARK/新スーパーマン』で、スーパーマンの育ての父ジョナサン・ケントを演じたエディ・ジョーンズが永眠。
  • エディが生前会員だったロサンゼルスの劇団、インテラクト・シアター・カンパニーが声明文にて発表した。
  • 同ドラマで彼の”息子”スーパーマンを演じたディーン・ケインは「素晴らしい人であり、得がたい父親だった」とコメントしている。

スーパーマンの父死す。『新スーパーマン』エディ・ジョーンズが84歳で永眠

スーパーマンの父死す。『新スーパーマン』エディ・ジョーンズが84歳で永眠

1990年代に放送されたディーン・ケイン主演の人気ドラマ『LOIS & CLARK/新スーパーマン』で、スーパーマン/クラーク・ケントの育ての父ジョナサン・ケントを演じたアメリカ出身の俳優、エディ・ジョーンズがロサンゼルスで永眠した。享年84。


【関連記事】クリストファー・リーヴ主演映画『スーパーマン』公開40年目に明かされた真実...あの有名スターたちが出演候補だった!


7月6日(土)、エディが生前会員だったロサンゼルスの劇団、インテラクト・シアター・カンパニーは以下のような声明を発表した。「本日、私たちの大切な長年のメンバーであり信頼できる友人、同僚であるエディ・ジョーンズが亡くなりました。彼は、この劇団にとって初期から支えとなる人物でした。ウイットに富み、鋭い本能を持っていた彼がひとたびステージに立つと、みんな彼に釘づけになりました。彼が舞台裏にいると、その満面の笑みで場が明るくなりました。エディの友人だった方、また舞台で幸運にも彼と時間を共有した人は、誰もが彼の穏やかで寛大な心に感銘を受けたことでしょう。彼がいなくなり寂しくなります。エディの妻であるアニタ・カンザディアン・ジョーンズらご家族の皆様へお悔やみ申し上げます。エディ、天使たちがあなたに歌いかけ、ゆっくり休ませますように」


そして、『新スーパーマン』で彼の息子であるクラーク・ケント/スーパーマンを演じたディーンも、訃報を受けてtwitterにメッセージを投稿。「喪失感で心がズタズタだよ。エディ、どうか安らかに。あなたは素晴らしい人であり、得がたい父親だった」とコメントしている。


1970年代から業界で活躍していたエディは、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』『プリティ・リーグ』『この胸のときめき』『シービスケット』『ターミナル』など様々な映画に出演。そして1993年から始まった『新スーパーマン』のスーパーマンの理解ある父親役でTVでも人気を博した。2000年代以降も『インビジブル・マン』『女検死医ジョーダン』『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』といったTVドラマに出演。また、舞台でも活躍し、『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』のニック役で全米ツアーにも参加。ブロードウェイやツアーで実に250以上もの作品に出演したという。日本のアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の英語版、官房長官高倉の声も演じていた。


様々なジャンルで長きにわたり活躍したエディのご冥福を祈りたい。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『新スーパーマン』の共演者たちとエディ・ジョーンズ(右端)

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年7月11日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。