カナダ発ミステリードラマ『刑事カーディナル 過去からの報せ』が、スーパー!ドラマTVにて日本初放送

カナダ発ミステリードラマ『刑事カーディナル 過去からの報せ』が、スーパー!ドラマTVにて日本初放送

喪失感と闘うカーディナルの前に、新たな殺人事件...。様々な思いが交錯し、複雑化する事件の真相とは―。カナダで大ヒットした重厚なミステリードラマのシーズン3となる『刑事カーディナル 過去からの報せ』がスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送。


【関連記事】『リ・ジェネシス』『ブラッド・タイズ』...ひと味違うカナダ発ドラマたち


小説家ジャイルズ・ブラント著の「Cardinal」シリーズ全6作のうち、4作目「By the Time You Read This」と5作目「Crime Machine」が原作となる本作。今シーズンの原題にもなっている原作の「By the Time You Read This」は、アメリカの書評雑誌であるカーカス・レビューにおいて、「読み始めると止まらない、素晴らしい小説」と絶賛されたほか、数々のメディアから好評を得ている。


シーズン2の脚本を務めたサラ・ドットと今シーズンの脚本家パトリック・ターは、互いの脚本を読み合い、それぞれのシーズンをどのように展開させるかを話し、協力し合ったという。また、ターは、「シーズンごとに異なる脚本家が担当したことでそれぞれの良さが出た」と語っている。


そんなシーズン3は、事件を解決して帰宅したカーディナル(ビリー・キャンベル『HELIX -黒い遺伝子-』)を待っていたのは、妻キャサリンの外出を告げる置き手紙だった。町へと妻を捜しに出かけたカーディナルだが、そこで見たのは、飛び降り自殺をしたキャサリンの遺体だった。目の前の光景が信じられず、茫然と立ち尽くすカーディナル。デローム(カリーヌ・ヴァナッス『リベンジ』)をはじめ同僚たちも驚きを隠せない。その後キャサリンの遺書が見つかり、現場の状況からも自殺と断定され捜査は終了する。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年7月16日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。