『スーパーナチュラル』が映画化か ジェンセン&ジャレッドも乗り気?

記事まとめ

  • シーズン15でフィナーレを迎える『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』が、映画化される可能性が出てきた。
  • 製作総指揮を務めるロバート・シンガーが、「映画化に興味を持っている」「おそらく主役の二人もやりたがる」と意欲を見せた。
  • 一方、スピンオフ版の製作については、ショーランナーのアンドリュー・ダブが「それはないだろうが5年後だったら分からない」と語った。

『スーパーナチュラル』映画化?!「おそらく主役の二人もやりたがると思う」

『スーパーナチュラル』映画化?!「おそらく主役の二人もやりたがると思う」

サム&ディーン・ウィンチェスター兄弟が活躍する超常現象アクションドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』。シーズン15をもって幕を閉じる本作が、なんと映画版が製作される可能性があるようだ。


7月18日(木)から21日(日)に開催されたサンディエゴComic-Conで、製作総指揮を務めるロバート・シンガーが英Digital Spyのインタビューに答え、「映画化は夢物語ではないと思っているよ。だが一般的にTVシリーズの映画版を作る場合、シリーズと映画の間にはそれなりに期間を置くものだ。『X-ファイル』みたいにね。だから可能性は否定しないし、映画化に興味を持っている。おそらく主役の二人(ジャレッド・パダレッキ&ジェンセン・アクレス)もやりたがると思うが、現在はファイナルシーズンを製作し終えて、ファンが満足いくようなシーズンにしようと努めているからね」と、映画版の可能性について語った。


そして、ショーランナーのアンドリュー・ダブはスピンオフの可能性について尋ねられ、「それはないだろうが5年後だったら分からない。ある時点ですべてが元通りに詰め直されるからね。だが、我々が過去に試したようなスピンオフなら、放送局の米CWは意欲が沸くかどうかわからない。製作チームが賛成するにしろ反対するにしろ、放送局が決めることだからね」と述べた。


ダブが語っていたスピンオフとは、本家シリーズに登場したタフな保安官ジョディ・ミルズ(キム・ローズ)を主人公にしたスピンオフ『Wayward Sisters(原題)』のことで、2018年にパイロット版が製作されたがシリーズ化には至らなかった。


ファイナルとなるシーズン15には、ウィンチェスター兄弟の異母弟となるアダム・ミリガンを演じたジェイク・アベルがカムバックすることが決定。その他にも過去に登場したキャラクターが姿を見せるのではないかと期待されている。


全20話となる『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シーズン15は、CWにて10月10日より放送スタート。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』
(c) Warner Bros. Entertainment, Inc.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月30日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。