絵本「おちゃのじかんにきたとら」がカンバーバッチらキャストでアニメ映画化

記事まとめ

  • ベストセラーの絵本「おちゃのじかんにきたとら」が、アニメ映画化される。
  • キャストはベネディクト・カンバーバッチ、デヴィッド・オイェロウォ、新進女優のクララ・ロスら。
  • ベネディクトは主人公の少女ソフィーの父親役を演じる。

絵本「おちゃのじかんにきたとら」がベネディクト・カンバーバッチら豪華キャストで蘇る

絵本「おちゃのじかんにきたとら」がベネディクト・カンバーバッチら豪華キャストで蘇る

英人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』やマーベル映画『ドクター・ストレンジ』などで人気を博しているベネディクト・カンバーバッチほか豪華キャストが、声優を務めることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。


1968年に出版され、世界で300万部を売り上げたベストセラーとなったジュディス・カーによる絵本「おちゃのじかんにきたとら」を英Channel4がアニメ映画として映像化する。「おちゃのじかんにきたとら」は、少女ソフィーと彼女の母親の前に突然礼儀正しいトラが現れ、二人は招き入れる。トラが家中の食料を食べつくしてしまったにもかかわらず、ほのぼのと楽しい時間を過ごす様子が描かれる。


ソフィーの父親を演じるベネディクトは、「他の世代に楽しんでもらうために、ジュディス・カーによる時代を超越した絵本の名作をスクリーンに甦らせ、小さいながらも役に立てることにワクワクしています」とコメント。


トラを吹替えるのは、映画『グローリー/明日への行進』でマーティン・ルーサー・キング・Jr牧師を演じ、ダニエル・デイ=ルイスが主演した『リンカーン』や、クリストファー・ノーランが監督を務めた『インターステラー』などに出演しているデヴィッド・オイェロウォ。新進女優のクララ・ロスがソフィーの声を演じる予定だ。


その他に、映画『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズで三月うさぎの声を担当したポール・ホワイトハウス、Netflixオリジナル映画『マーダー・ミステリー』に出演するデヴィッド・ウォリアムズ、『マット・ルブランの元気か~い?ハリウッド!』のタムシン・グレイグも声優として名を連ねている。


最近ベネディクトは、19世紀の英アーティスト、ルイス・ウェインの人生を描く映画『Louis Wain(原題)』で主演すると報じられたばかりで、その他にも、マーベル映画『ドクター・ストレンジ』の続編『Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)』などが待機中だ。(海外ドラマNAVI)


Photo:

ベネディクト・カンバーバッチ
(c)NYKC

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月2日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。