映画『マトリックス4』、キアヌ・リーヴス&キャリー=アン・モス続投で製作!「感謝と興奮しているわ」

映画『マトリックス4』、キアヌ・リーヴス&キャリー=アン・モス続投で製作!「感謝と興奮しているわ」

1999年に大ヒットし、続編も製作されたSF映画『マトリックス』。本シリーズ全てに主人公ネオことトーマス・アンダーソン役として主演し大ブレイクした俳優キアヌ・リーヴスが、再び同役でカムバックすることが明らかになった。米Varietyなどが一斉に報じている。



本シリーズは第1弾の『マトリックス』(1999)を皮切りに、『マトリックス リローデッド』(2003)、『マトリックス レボリューションズ』(2003)と3作製作されている大ヒットシリーズ。


主人公であるトーマスは、ネオという名のハッカーという裏の顔を持つ人物。ある日謎のメッセージが届き、謎の美女トリニティと出会う。彼女と共に、現実と仮想の世界が交差する道を進んでいくというストーリーのSFアクション大作だ。そしてトリニティを演じたキャリー=アン・モス(『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』)も同役でキアヌと共に復帰する。キャリー=アンは、この報道に対して「感謝と興奮しているわ」と自身のInstagramでコメントした。


製作配給のワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ・グループのトビー・エメリッヒ会長は、次のようなコメント発表した。「唯一無二でユニークな映画監督であるラナと共に、『マトリックス』シリーズの新作を製作できることを嬉しく思います。またラナが脚本と監督、そしてプロデュースを手掛けることにも興奮しています」


三役を担うラナとはラナ・ウォシャウスキーで、『マトリックス』シリーズ全てを担当している人物。当時は、ラリー・ウォシャウスキーという男性名で、弟のアンディと共に本シリーズを成功に導いた人物だ。そして弟のアンディも現在はリリーと女性名に変更、二人で性転換しラナ&リリー・ウォシャウスキー姉妹として再出発。二人はNetflixオリジナルドラマ『センス8』なども手がけている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月21日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。