『私はラブ・リーガル』クリエイター、青春映画『セント・エルモス・ファイアー』をドラマ化!

『私はラブ・リーガル』クリエイター、青春映画『セント・エルモス・ファイアー』をドラマ化!

人気リーガル・コメディドラマ『私はラブ・リーガル』でクリエイターを務めたジョシュ・バーマンが、1980年代に大ヒットした青春映画『セント・エルモス・ファイアー』を米NBCでドラマ化することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。



1985年に公開され、当時"ブラッド・パック"と呼ばれた人気若手俳優が集結した『セント・エルモス・ファイアー』は、友人の事故をきっかけに集まった大学を卒業したばかりの若者7人の友情や葛藤が描かれている。"セント・エルモス・ファイアー"とは、嵐のなか船乗りたちが道しるべとしたマストに灯る放電現象のこと。


『私はラブ・リーガル』のクリエイターであるバーマンが手掛けるドラマ版は、設定を現代に置き換え、親しい若者グループが仕事や恋愛、社会における責任に四苦八苦する姿が描かれるとのこと。『エリック・クラプトン~12小節の人生~』や、27歳の若さで急逝したミュージシャンのエイミー・ワインハウスの人生を描く『AMY エイミー』など、数多くの音楽ドキュメンタリー映画で編集を務めたクリス・キングが製作総指揮に名を連ねている。


『セント・エルモス・ファイアー』をドラマ化する企画が浮上したのは今回が初めてではなく、2009年には米ABCがドラマ版の製作を試みたがシリーズ化には至らず、米E!でもプロジェクトが進んでいたが実現しなかった。


映画版で監督を務めたのは、ミュージカル映画『オペラ座の怪人』やD映画『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』などでメガホンを取ったジョエル・シューマカー。ロブ・ロウ(『コード・ブラック 生と死の間で』)、デミ・ムーア(『ゴースト/ニューヨークの幻』)、エミリオ・エステヴェス(『星の旅人たち』)、アンドリュー・マッカーシー(『ホワイトカラー』)、アリー・シーディ(『サイク/名探偵はサイキック?』)、メア・ウィニンガム(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)、ジャド・ネルソン(『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』)がメインキャストとして出演していた。


ドラマ版『セント・エルモス・ファイアー』に出演するキャストなど詳細が決まり次第、続報をお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)


Photo:映画『セント・エルモス・ファイアー』(c) Everett Collection/amanaimages

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。