『チェルノブイリ』が今こそ"観るべき衝撃作"である理由 識者が語るドラマの魅力

『チェルノブイリ』が今こそ"観るべき衝撃作"である理由 識者が語るドラマの魅力
『チェルノブイリ』が今こそ"観るべき衝撃作"である理由 識者が語るドラマの魅力
『チェルノブイリ』が今こそ"観るべき衝撃作"である理由 識者が語るドラマの魅力

1986年4月26日に旧ソビエト社会主義共和国連邦のチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故の真実に迫る実録ドラマ『チェルノブイリ』。その衝撃的なテーマと、作品としての完成度の高さにより本年度エミー賞でも作品賞、監督賞、主演・助演の主要各賞をはじめ19ノミネートを果たしている本作が、BS10スターチャンネルにて9月25日(水)より独占日本初放送、9月26日(木)より配信スタートとなる。それに先駆けて、9月19日(木)に都内でトークイベント付き第1話試写会が開催された。3人の有識者がプロの視点から、『チェルノブイリ』が今こそ"観るべき衝撃作"である理由を現地取材の経験などを交えながら語ったイベントの様子を紹介しよう。



1986年4月26日に旧ソ連・現ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で発生した人類未曾有の原発事故を描く全5話のミニ・シリーズ。前代未聞の事態に直面し、さらなる事故と被害拡大の阻止に向けて一刻を争う対応に追われる科学者たちの緊迫感から、冷戦下で面子を優先する旧ソ連政府の隠ぺい工作、そして火災対応で大量の放射線を浴びた消防士らの被害の深刻な状況まで、張りつめた緊張感とともに、地上波では避けられがちな衝撃的な描写も含め、赤裸々に描き切っている今年1番の注目作だ。



本編上映前に、開沼博(立命館大学准教授・社会学者)、西山里緒(ビジネスインサイダージャパン編集者)、今祥枝(映画・海外ドラマライター)の3人が登壇。各ジャンルで活躍しているそれぞれが、作品の魅力を現地取材の経験などを交えながら披露した。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年9月20日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら