6年前に放送された『ドクター・フー』の50周年記念エピソードにまつわる舞台裏とは?

6年前に放送された『ドクター・フー』の50周年記念エピソードにまつわる舞台裏とは?

1963年に放送開始されたイギリスの長寿SFドラマシリーズ『ドクター・フー』は2013年に50周年を迎え、それを記念して『ドクター・フー ニュー・ジェネレーション ドクターの日』と題された特別エピソードが放送された。その特別番組では、当初9代目ドクターだったクリストファー・エクルストン(『LEFTOVERS/残された世界』)が出演するはずだったが、彼の出演が実現せずに内容が変更されていたことが明らかとなった。米Comicbook.comが報じている。



『ドクター・フー ニュー・ジェネレーション ドクターの日』で製作総指揮・脚本を手掛けたスティーヴン・モファットが、もともと9代目ドクターのクリストファーをウォー・ドクターとして登場させるつもりだったと明かし、その事実をクリストファーも認めているという。


体が再生したばかりの9代目ドクターが宇宙を守る古代の武器"モメント"を使うかどうか悩み、コンパニオンのローズ・タイラーと出会う前に、10代目ドクター(デヴィッド・テナント)や他のドクターと接触するプロットが脚本の草稿で書かれていたそうだ。


しかし、最終的にクリストファーが特別番組に出演しないことになったため、英ファンタジードラマ『魔術師マーリン』や、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』などで知られるベテラン俳優ジョン・ハートがウォー・ドクターとしてカムバックすることになったとのこと。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月15日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。