『リバーデイル』クリエイター、ルーク・ペリーのトリビュート・エピソード舞台裏を語る「撮影は辛かった」

『リバーデイル』クリエイター、ルーク・ペリーのトリビュート・エピソード舞台裏を語る「撮影は辛かった」

大ヒット青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』のディラン役で知られるルーク・ペリーは、3月4日に脳卒中のため52歳で亡くなる前に、米CWの青春サスペンスドラマ『リバーデイル』にレギュラー出演していた。そのシーズン4でルークに捧げたトリビュート・エピソードが放送され、その製作過程についてクリエイターが語っている。


『リバーデイル』でルークは、3シーズンにわたり主人公アーチー・アンドリュース(K・J・アパ)の父親フレッド役を演じていた。米TV Lineのインタビューでクリエイターのロベルト・アギーレ=サカサが、ルークの死とトリビュート・エピソードについて口を開いた。


「ルークが亡くなった時、劇中で彼の死に言及しないとすぐに決めた。急かしたくなかったし、他のプロットとの板挟みにもなりたくなかったんだ。ルークの死を伝えるために、短い時間を割いてシーズン3を終える考えもあったが、それでは彼の死が安っぽく感じられてしまう。だからそのままにして、シーズン4までよく考えることにしたんだ」と述べていた。


こうして、ルークに捧げるトリビュート・エピソードが製作され、「その時間のおかげで何が起きたのか受け入れて、どんなストーリーを語りたいか真剣に考えることができた。製作チームは根拠がある真実味にあふれた物語を伝えたかったんだ」と、シーズン4まで待った決断は正しかったと語る。


そして、実際にルークを哀悼するエピソードの製作は辛かったと胸内を明かしている。「トリビュート・エピソードは、キャストにとって辛いものになるとわかっていた。特にルークとのシーンが多かったK・Jはね。フレッドとルークに捧げる物語を伝えるために集まり、みんなはすごく誇りに思っていた。ルークが亡くなった時はみんなバラバラだったから、台本読みのために集まった時はカルタシスのような特別な何かがあった。番組のみんなは家族だけど、トリビュートは悲痛な思いになるとわかっていたし、実際に辛かったよ」と言い、辛いながらもルークを称える素晴らしいエピソードに仕上げることができたようだ。


『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』でルーク演じるディランの恋人ブレンダ・ウォルシュに扮したシャナン・ドハティも出演する『リバーデイル』シーズン4はCWにて10月9日(水)より放送開始され、同日に放送された第1話がルークのトリビュート・エピソードとなっている。日本では、Netflixで10月10日(木)より配信中だ。(海外ドラマNAVI)


Photo:『リバーデイル』© 2019 The CW Network, LLC. All Rights Reserved.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年10月17日の海外セレブ記事
「『リバーデイル』クリエイター、ルーク・ペリーのトリビュート・エピソード舞台裏を語る「撮影は辛かった」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ビバリーヒルズのリメイク版のディランの扱いより、リバーデイルの方が愛を感じた。最期にディランはブレンダと一緒にいたんだと思うと涙が出た。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。