映画版『ブレイキング・バッド』、もう一つのエンディングがあった!

驚きのエンディングを書いていたヴィンスだが、この最初の脚本をパートナーのホーリー・ライスをはじめ、関係者に見せ感想を述べてもらったという。「彼女のホリーと(『ブレイキング・バッド』『ベター・コール・ソウル』のプロデューサーで脚本家の)ピーター・グールドや、他のライターにも意見を聞いたんだ。そしたらみんな、まるで私の気がおかしくなったかのような目で見て、こういうんだよ。"エンディグでジェシーを牢獄に入れたらダメだよ! みんな、非難するよ!"とね。今は彼らの意見を聞いてよかったと思ってるよ。最初の脚本通りにしなくてよかったとね」


この最初のエンディグを初めて耳にしたアーロンは、「ワオ! 僕にはこの話をしてくれていないよ。すごく面白いね。でもジェシーが捕まらなくて嬉しいよ。ファンとしては、(ドラマ版で)自転車に乗っていて撃たれた少年の親がどうなっているのかとか、その彼らの子どもに起きたことを知っているのかとか、気になるところもあるよ。細かいところだけどね。ジェシーはとても感情豊かな人間なんだ。感情を表に出すタイプの人だ。だから、他の人のことも気にかけているし、子どもがどうなっているかも気にしているんだよ」と述べた。


また、映画に出てくるある手紙は、なんとヴィンスが脚本の最初に書いた部分だったことも判明。しかもその手紙の内容も、アーロンがナレーションすることになっていたという。だが、途中で「内容は伏せておいたほうがいい」とヴィンスが言い出し、ナレーション部分は削られることになったという。内容を知っているアーロンは、「彼に絶対にその内容は公表しないと誓ったから言えないよ」と語っているが、ファンとしてはとても気になるところだ。


こんな裏話も話題になる『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』は、Netflixで配信中。(海外ドラマNAVI)


Photo:

Netflix TVevent『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』© 2018 Vinton Productions. All rights reserved.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月20日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。