HBO『ウォッチメン』オープニング、本国の人にも知られていない実際の事件をベースに描く

HBO『ウォッチメン』オープニング、本国の人にも知られていない実際の事件をベースに描く

2009年に映画化もされたDCの人気コミック「ウォッチメン」が米HBOでTVシリーズ化されるというニュースはかねてからお伝えしてきたが、現地時間10月20日(日)、ついに初回放送を迎えた。そのオープニングで描かれた話は、米国の人にさえあまり知られていない実話がベースになっていたと、米Comicbookが紹介している。


その事件とは、1921年5月31日から6月1日にオクラホマ州タルサで起きた人種暴動。白人の住民たちが暴力行為によってアフリカ系アメリカ人を排除しようとした事件だ。この事件について、日本ではあまり知られていないと思うが、当時の米国でも正確な報道はほとんどなかったという。



タルサのグリーンウッド地区は、古くから裕福なアフリカ系住民が自分たちの望むコミュニティを築いて暮らしており、「ブラック・ウォール・ストリート」と呼ばれていた。しかし、快く思わなかった白人たち(中には白人至上主義団体クー・クラックス・クランのローブをまとっている人たちもいた)の襲撃によって大勢のアフリカ系住民が犠牲となり、街も焼け野原とされてしまった。この暴動により、最終的にアフリカ系住民の約1万人が家を失い、約6000人が逮捕・拘留され、約800人が入院し、100人~300人が亡くなったと記録されている。



暴動のきっかけとなったのは、タルサにあるドレクセルビルで靴磨き屋として働いていた10代のアフリカ系の少年が、同ビルのエレベーターオペレーターだった白人の少女を暴行したと告発されたことだった。少年が少女を暴行したという話はあくまで推測レベルの話だったが、少年は逮捕されてしまい、この話を聞きつけたアフリカ系コミュニティの(経済的・政治的に権力を持っていた)人たちが裁判所の前で抗議活動をする事態に。10人の白人が亡くなったことで(アフリカ系は2人)、先述の暴動にまで発展した。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。