Amazon『弁護士ビリー・マクブライド』が更新されたシーズン4をもって終了へ

Amazon『弁護士ビリー・マクブライド』が更新されたシーズン4をもって終了へ

監督・脚本・主演を務めた映画『スリング・ブレイド』でアカデミー賞脚色賞を受賞し、『FARGO/ファーゴ』シーズン1では殺し屋役で出演していたビリー・ボブ・ソーントン。多才な彼が主演を務める米Amazon Prime Videoのリーガルドラマ『弁護士ビリー・マクブライド』が、更新されたシーズン4をもって終了することがわかった。米TV Lineが報じている。



ドラマの原題『Goliath』は旧約聖書に登場する巨人兵士ゴリアテを意味し、酒に溺れる日々を送っていた敏腕弁護士のビリー・マクブライドが、巨大な敵(ゴリアテ)を相手に新たな訴訟事件に立ち向かっていく姿がサスペンスフルに描かれる法廷ドラマだ。

シーズン4への更新は、10月4日(金)にシーズン3が配信開始されてから6週間ほどで決定したことになる。

シリーズで製作総指揮・監督を務めるローレンス・トリリングは、「ビリー・マクブライドの物語を、もう1シーズン製作できることになってワクワクしています。ファイナルシーズンでは、全世代に影響を及ぼすタイムリーで世界的な金融危機に対処し、素晴らしいキャストに加えて並外れた才能を数人投入する予定です」と、来シーズンの内容について軽くほのめかしていた。

ビリー役で主演するビリー・ボブの他に、弁護士で不動産業者でもあり、ビリーの協力者でもあるパティ役でニナ・アリアンダ(『僕たちのラストステージ』)、ビリーの友人で娼婦のブリタニー役でタニア・レイモンド(『ザ・ラストシップ』)、ビリーと元妻ミシェルの娘デニス役でダイアナ・ホッパー(『アースフォール』)らが出演。

毎シーズンごとにビリーが立ち向かう"ゴリアテ"が変わるため、各シーズンに登場するゲストスターも見どころのひとつ。シーズン3ではビリーの敵となる牧場主役を、『デイ・アフター・トゥモロー』や『僕のワンダフル・ライフ』などに出演しているデニス・クエイドが演じていた。

シーズン4で有終の美を飾ることになった『弁護士ビリー・マクブライド』シーズン1からシーズン3は、Amazon Prime Videoで配信中。(海外ドラマNAVI)


Photo:『弁護士ビリー・マクブライド』(C) Amazon Studios

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. アカデミー賞 日本
海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年11月19日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。