連続殺人鬼テッド・バンディが『クリミナルマインド』『CSI』などに与えた影響とは?

連続殺人鬼テッド・バンディが『クリミナルマインド』『CSI』などに与えた影響とは?

ディズニー・チャンネルのオリジナルムービー『ハイスクール・ミュージカル』でブレイクし、大ヒット映画『グレイテスト・ショーマン』の名演も記憶に新しいザック・エフロンが、IQ160のアメリカ史上最も凶悪な殺人犯に扮する映画『テッド・バンディ』が12月20日(金)より全国公開となる。彼が本作で演じるテッド・バンディは、"シリアルキラー"の語源にもなったとされるアメリカで最も有名な連続殺人鬼で、彼を題材にしたり影響を受けた作品は数多く存在している。海外ドラマファンにもお馴染みのあの人気作にどんな影響を与えたのかご紹介しよう。



全15シーズンの長きに渡り放送され、犯罪捜査ドラマの金字塔と表される『CSI:科学捜査班』。シーズン12で登場するCSI捜査官らが、猟奇連続殺人の人物像について語る時「テッド・バンディを彷彿させる」と表現するエピソードがある。


2005年から放送が始まり、年明け2020年1月8日(水)に米国でファイナルシーズンとなるシーズン15がスタートする大人気ドラマ『クリミナルマインド FBI行動分析課』。実際の犯罪者の逮捕後に撮影される人物写真である通称‟マグショット"を使用したオープニング映像が話題となったが、その中にもちろんテッド・バンディのマグショットも使用されている。


主人公が殺人鬼の大ヒットシリーズ『デクスター~警察官は殺人鬼』は、警察官でシリアルキラーという2つの顔を持つ主人公という衝撃的な設定で人気だが、表と裏の顔を持つという意味でテッド・バンディと共通点があり、その姿は本作で描かれるテッド・バンディに通ずると言える。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。