『高い城の男』シーズン4 歴史の「もし」を描くSFスリラー、ついにフィナーレへ

『高い城の男』シーズン4 歴史の「もし」を描くSFスリラー、ついにフィナーレへ

Amazon Prime Videoで配信中の『高い城の男』は、「もしも第二次世界大戦でアメリカが敗戦していたら」という大胆な想定のもと繰り広げられるSF歴史スリラー。西海岸を日本が統治し、東海岸を含むその他大部分がナチスの手に落ちた緊迫の状況下で、シーズン4では黒人たちの反乱軍が第3の勢力として蜂起する。




二つの勢力に支配されたアメリカ

歴史の「もし」を描く本作は、第二次大戦に枢軸国側が勝利した世界を舞台に、強大な勢力による支配と混乱を描く。サンフランシスコを拠点に広く西海岸を支配する日本は、日本太平洋合衆国の建国を宣言し、現地に住む日本人以外への弾圧を強めていた。しかし、そんな現状に疑問を抱いているのが、穏便派の貿易大臣・田上(ケイリー=ヒロユキ・タガワ)だ。東側をむしばむナチスの横暴を食い止めたいジュリアナ(アレクサ・ダヴァロス)とタッグを組み、政府打倒のヒントとなる大量の謎のフィルムの解析に乗り出す。驚くべきことにそのフィルムには、現状とは異なる並行世界の様子が克明に収められていた。


最終章となるシーズン4では、これまでストーリーを牽引してきた田上大臣がある事件に巻き込まれ、表舞台から姿を消すことに。事件の裏を追う木戸警部(ジョエル・デ・ラ・フエンテ)は、急速に力をつけつつある黒人共産反乱軍が関与しているものと見て追及を強めてゆく。一方ジュリアナは、並行世界の悪用を目論むナチスを食い止めるべく、すべてを賭けた一騎討ちを総帥に仕掛けようとしていた。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月4日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。