『ウォーキング・デッド』撮影中に死亡したスタントの裁判が開始。「事故は本人の過失」?

『ウォーキング・デッド』撮影中に死亡したスタントの裁判が開始。「事故は本人の過失」?

2017年7月12日、ジョージア州アトランタで『ウォーキング・デッド』シーズン8の撮影中に、スタントのジョン・バーネッカーが転落死するという痛ましい事故が起きた。彼の死の責任をめぐる裁判が始まり、放送局である米AMC側の弁護士が「事故は本人の過失」だと主張していることが分かった。米Deadlineが伝えている。


ジョンは、バルコニーから落ちる戦闘シーンのリハーサルでバランスを崩し、30フィート(約9メートル)の高さから転落。エアバッグを外れてコンクリートの地面に直接激突し、激しく頭部を強打したため直ちにアトランタ・メディカルセンターへ搬送されて集中治療を受けていたが、脳死状態に陥ったのちに死亡が宣告された


その翌年1月、ジョンの母親スーザンさんがAMCに対して訴訟を起こし、局側がスタントの予算削減のために安全性を怠り、バルコニーの下に適切にクッションを用意せず、しっかりとした予行演習を行うこともしなかった上、前もって現場に救急車を待機させてもおかなかったと主張していた。


今月10日(火)に始まった裁判の冒頭陳述で、AMC側の弁護士デヴィッド・A・ダイアルは「残念ながら、ジョン・バーネッカーは間違いを犯したと証拠が示しています」と、事故が起きたのは本人の過失だと論述。続けて弁護士は、なぜかジョンはレールを握り続けており、それによりジョン自身が設置したマットの安全性が確保できなくなったのだと判事と陪審員に説明していたという。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月13日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。