ディズニー、名誉回復なるか?トム・ハンクス主演映画『ターナー&フーチ/すてきな相棒』をドラマ化

ディズニー、名誉回復なるか?トム・ハンクス主演映画『ターナー&フーチ/すてきな相棒』をドラマ化

潔癖症の男としつけの悪い犬という凸凹コンビが殺人事件を解決する、トム・ハンクスが主演した1989年のアクションコメディ映画『ターナー&フーチ/すてきな相棒』が、ディズニーの新配信サービス「Disney+」でドラマ化されることになった。米Deadlineが報じている。


『ターナー&フーチ/すてきな相棒』の主人公は、殺された知人の犬フーチを預かることになった潔癖症の警察官スコット・ターナー。綺麗好きなターナーに対して、フーチは行儀が悪いわヨダレを垂らしまくるわでターナーは辟易してしまうのだが、そんな凸凹コンビが殺人犯を見つけるべく捜査することになる...というストーリーだ。


今から30年前に公開された映画版は製作費1300万ドル(約14億円)に対して全米興行収益7100万ドル(約78億円)の大ヒットを記録。トムのほか、メア・ウィニンガム(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)、クレイグ・T・ネルソン(『ゴールド/金塊の行方』)、レジナルド・ヴェルジョンソン(『ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』)らが出演していた。


『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』『scrubs ~恋のお騒がせ病棟』といったドラマや映画の中で引用されることも多い『ターナー&フーチ』。しかし、殺人犯を捕まえる際にフーチが犯人に撃たれて死んでしまうことから、「動物を死なせたディズニー映画」という不名誉なレッテルを張られてもいる。ドラマ版でそのレッテルを払拭することができるのだろうか。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「トム・クルーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「トム・クルーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェームズ・フランコ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェームズ・フランコ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「唐沢寿明」のニュース

次に読みたい関連記事「唐沢寿明」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月21日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。