映画化もされたスティーヴン・キング著「キャリー」が米FXでドラマ化

映画化もされたスティーヴン・キング著「キャリー」が米FXでドラマ化

『シャイニング』『キャッスルロック』などの原作を手掛けるホラー界の巨匠スティーヴン・キング作品が、また新たなドラマになることが明らかになった。米TV Lineが報じている。


今回米FXでリミテッドシリーズとして製作されるのは、時代を超え幾度となく映画化されてきた「キャリー」。原作はキングが1974年に執筆した最初の長編小説。テレキネシスを持つ冴えない女子学生キャリーが、クラスメイトのいじめなどによって精神的に不安定となり、その能力で残虐なリベンジを果たしていくという物語。


今回のドラマ版では、トランスジェンダーか有色人種の俳優が起用されると言われている。現時点ではキャスティングなどは決まっていない。


「キャリー」の映画化は、1976年公開の映画から始まった。1作目は、『悪魔のシスター』『アンタッチャブル』『ミッション:インポッシブル』など数々の映画を手掛けるブライアン・デ・パルマが監督を務め、『イン・ザ・ベッドルーム』のシシー・スペイセクが主人公のキャリー役でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。出演者には、若き日のジョン・トラボルタ(『サタデー・ナイト・フィーバー』)、ベティ・バックリー(『プリティ・リトル・ライアーズ』)、スティーヴン・スピルバーグの元妻で女優のエイミー・アーヴィング(『エイリアス』)らがいた。その後1999年に、新たなキャストとスタッフで製作された続編となる『キャリー2』もある。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月26日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。