『GIRLS』レナ・ダナムが依存症の日々を告白「人生の終わりだと思った」

『GIRLS』レナ・ダナムが依存症の日々を告白「人生の終わりだと思った」

米HBOの人気ドラマ『GIRLS/ガールズ』のクリエイターであり、主人公ハンナを演じたレナ・ダナム。女優・クリエイター・プロデューサー・監督・脚本家として多才ぶりを披露する彼女が、薬物依存でリハビリ施設に入所した時の心境を告白している。米Indie Wireが伝えた。


依存症などに苦しむ女性を支援する慈善団体、ペギー・アルブレヒト・フレンドリー・ハウスのイベントに出席したレナは、薬物中毒の治療のために施設に入所した時に「自分の人生は終わったと思っていた」という。


TVの世界で成功を収めていた彼女は、薬物依存者は堕落した人間だと思っていたそうで、「大切なものをすべて失ったような気持ちになったの。交友関係、身体、キャリアが台なしになったとね。(依存症であることを)誰かに気づかれてしまうことも怖かった。人が(今の)私と一緒に仕事をしたり、キスをしたり、遊んだりしたいと思ってくれるのか、そして私が今までやってきたことすべてが、依存というフィルターを通して見られてしまうのではないかと考えていたの」と当時の思いを吐露した。


「"私"でいることで耐えられないほど深く傷つくこともある。でも、"私"でいることはスーパーパワーでもあって、それはみんな同じだと思うわ」とレナ。うつ病と依存症との闘いを経て、1年半以上にわたりシラフの状態を維持している現在は、「私の想像を超える人生を送っている」という。


苦しい時期を乗り越え、再びTVの世界にカムバックしたレナ。現在は監督・製作を手掛けるHBOの新作ドラマ『Industry(原題)』の製作が進められており、同作は本国で2020年中に放送される予定だ。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『GIRLS/ガールズ』
(c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。