FBIが"禁じ手"を打つ!『リチャード・ジュエル』本編映像が解禁!

FBIが"禁じ手"を打つ!『リチャード・ジュエル』本編映像が解禁!

1996年アトランタ爆破事件の実話を描くサスペンス映画『リチャード・ジュエル』。現在大ヒット上映中の本作より事件解決を急ぐFBIが遂に"禁じ手"に打って出た瞬間の本編映像を独占公開!


『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』などの巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作は、1996年のアトランタ・オリンピックで起こった爆破テロ事件の"真実"を描く衝撃の問題作。


アトランタ・オリンピック開催中に爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』)の迅速な通報によって数多くの力で多くの人命が救われ、彼は一躍ヒーローになった。だが、FBIが第一容疑者として捜査していると地元メディアに実名報道される。情報はたちまち拡散し、名誉もプライバシーも奪われてしまったリチャード。この窮地に無謀な弁護士のワトソン(サム・ロックウェル『バイス』)が立ち上がる。だが、二人の前にはFBIによる徹底的な捜査、そしてスクーブを狙うメディアリンチの罠が待ち受けていた―。


今回解禁された本編映像は、FBIがリチャードの自宅を訪れ、容疑者としての裏付けとなる証拠品押収を行う最中に行った"ルール違反"の捜査を行う瞬間をとらえている。爆破事件の決定的な証拠が見つけられないFBI捜査官トム・ショウ(ジョン・ハム『グッド・オーメンズ』)は焦っていた。弁護士ワトソンが目を離した隙を突いて、ついに"禁じ手"に打って出る。受話器を手にした捜査官は「良いか、この電話を持ってくれ。発信音が聞こえたらこう言ってくれ。"記念公園に爆弾がある、爆発は30分後"」


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュース

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「渡辺謙」のニュース

次に読みたい関連記事「渡辺謙」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トム・ハーディ」のニュース

次に読みたい関連記事「トム・ハーディ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。