LGBTQドラマ『Lの世界』のリブート版がシーズン2へ更新決定!

LGBTQドラマ『Lの世界』のリブート版がシーズン2へ更新決定!

ロサンゼルスに住むレズビアンのライフスタイルを大胆に描き、大ヒットしたLGBTQドラマ『Lの世界』。その続編シリーズとなる米Showtimeの『The L Word: Generation Q(原題)』が、早くもシーズン2へ更新されたことが明らかとなった。米TV Lineが報じている。




リブート版には、オリジナルシリーズでメインキャストを務めたジェニファー・ビールス(ベット役)、キャサリン・メーニッヒ(シェーン役)、レイシャ・ヘイリー(アリス役)が同役でカムバック。3人は、新しい世代のLGBTQキャラクターと一緒に、ロサンゼルスを舞台に愛や失恋を経験することになるという。


『The L Word: Generation Q』はShowtimeにて12月8日(日)に放送開始されたばかりで、プレミアから1カ月ほどで新シーズンの製作が決定したことになる。


新キャストとして、信仰心に篤い家族に育ったため自分の性的嗜好で悩むフィンリー役でジャクリーン・トボーニ(『GRIMM/グリム』)、シスジェンダー(生まれた時に診断された身体的性別と自分の性自認が一致していること)のダニ役でアリアンヌ・マンディ(『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』)、自分のことよりも人のことを優先させてしまいがちな、心を閉ざしたTVプロデューサーのソフィー役でロザニー・ザヤス(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』)らがキャスティングされている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。