ドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』、主要キャスト15人が決定!

ドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』、主要キャスト15人が決定!

J・R・R・トールキンの長編小説「指輪物語」を実写化した大ヒット映画シリーズ『ロード・ オブ・ザ・リング』の米Amazonによるドラマ版。同作のキャストが徐々に決まりつつあることをこれまで伝えてきたが、ついに主要キャスト15人が明らかとなった。米Varietyが報じている。


ドラマ版は、映画版よりも前の時代となる、第二紀の中つ国を舞台にした前日譚シリーズ。この度、新たにキャストに加わることが分かったのは、オウェイン・アーサー(『パトロール』)、ナザニン・ボニアディ(『カウンターパート/暗躍する分身』)、トム・バッジ(『ガンズ&ゴールド』)、イスマエル・クルス・コルドバ(『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、メーガン・リチャーズ(『ワンダーラスト:幸せになるためのセラピー』)、ディラン・スミス(『バッドランド ~最強の戦士~』)、チャーリー・ヴィッカーズ(『メディチ』)、ダニエル・ウェイマン(『刑事フォイル』)、そして本作でスクリーンデビューを飾るタイロー・ムハフィディンとソフィア・ノムヴェテの10人だが、彼らがどんな役を演じるのかは明かされていない。


先日、ベルダーという若きヒーローを演じるはずだったウィル・ポールター(『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』)の代わりに、ロバート・アラマヨ(『ゲーム・オブ・スローンズ』)が出演すると報じられていた。また、ジョゼフ・マウル(『ゲーム・オブ・スローンズ』)がヴィランのオレン役に、オーストラリア出身の新進女優マルケラ・カヴェナーがタイラ役に、モーフィッド・クラーク(『クロール ―凶暴領域―』)がエルフの女王ガラドリエル役に決定。演じる役柄は不明だが、エマ・ホヴァース(『ライク、シェア、フォロー』)も出演する。なお、中心人物は、ロバートとオウェイン、ナザニンの3人だという。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。