Netflix『YOU ー君がすべてー』 恐怖倍増のサイコ・スリラーに待望のシーズン2

Netflix『YOU ー君がすべてー』 恐怖倍増のサイコ・スリラーに待望のシーズン2

完璧と思える人間にも必ず欠点の一つや二つはあるもの。そう、ちょうどサイコ・スリラー『YOU ー君がすべてー』に登場する青年のように...。淡いラブロマンスを鑑賞していたつもりでも、いつのまにかサイコ・スリラーの世界に引き込まれているこのシリーズ。昨年末には、恐怖倍増のシーズン2がNetflixに登場した。もちろん日本でも視聴可能だ。




♦︎過去を捨て去り、西海岸の街へ

ニューヨークで書店を営む好青年・ジョー(ペン・バッジリー)と、店を訪れた作家志望の若き女性・ベック(エリザベス・ライル)がシーズン1の主人公。二人の出会いは運命の始まりに思えたが、ストーカー気質のジョーの行動は次第にエスカレート。恋を実らせるためネット上でささやかな情報収集をしたのを皮切りに、徐々に物理的な監視へと移行。ベックの元カレへの憎悪にも発展し、ジョーの周りには次々と死体の山ができてゆく。


新たに公開されたシーズン2でのジョーは、まるで過去の行為をきれいさっぱり精算するかのように、西海岸・ロサンゼルスへと移住。過去とは違う名前を名乗り、スーパーで新たな仕事にありつくが、同じ店の同僚女性・ラブ(ヴィクトリア・ペドレッティ)に一目惚れ。ジョーの危険な本性に再び火がついてしまい...。


♦︎ロマンチックコメディとスリラーの融合

米Lifetimeでの放送が終了した本シリーズは、続編の製作をNetflixが引き受けた。新シーズンを視聴したNew York Times紙のレビュアーは、ダークなテイストが堅持されているとして歓迎。まるで、一度食べたらやみつきになるが決して体には良くないキャンディーのようだと例えている。シーズン1放送時からすでに本作は、親しみやすさと恐怖感の絶妙なバランスが評論家たちを唸らせていた。ロマンチックコメディのような甘くポップな会話と、次々と妻を殺す残酷な童話「青ひげ」をミックスしたかのようなストーリーが作品の本質。同紙は本作をダークなコメディだと捉えているようで、劇中に漂うユーモラスな感覚が重たすぎるストーリーになるのを防いでいると評価している。ストーキングと奇行を重ねるにつれ、意中の女性・ラブの前で演じる「完璧なボーイフレンド」像にも徐々に綻びが。必死で取り繕うジョーの姿も見どころの一つだ。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。