クリントン不倫騒動のドラマ化、監督は『クリミナル・マインド』生みの親に決定!

クリントン不倫騒動のドラマ化、監督は『クリミナル・マインド』生みの親に決定!

ヒットメイカーのライアン・マーフィー(『Glee/グリー』『アメリカン・ホラー・ストーリー』)が製作総指揮を務め、米国で実際に起きた事件を取り上げる米FXの人気アンソロジーシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー』。その新シーズンでは1990年代後半にビル・クリントン米大統領(当時)とホワイトハウスの元インターンが繰り広げた不倫スキャンダルが描かれるが、この度、監督が発表された。米Deadlineが報じている。


『American Crime Story: Impeachment(原題)』と題された本作は、弁護士であり法律ジャーナリストでもあるジェフリー・トゥービンの著書「A Vast Conspiracy: The Real Story of the Sex Scandal That Nearly Brought Down a President(原題)」を元にしている。クリントン大統領がインターンだったモニカ・ルインスキーと不倫騒動を起こし、ルインスキーが二人の関係を証明する物的証拠を所有していたことで不倫を認めざるを得なかった大統領は弾劾裁判にかけられた。クリントン大統領役には英国俳優のクライヴ・オーウェン(『The Knick/ザ・ニック』『シン・シティ』)が決まっている。


今回監督に決まったのは、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』『GIRLS/ガールズ』といったTVシリーズを手掛けてきたリチャード・シェパード。『クリミナル・マインド』『アグリー・ベティ』『リンガー ~2つの顔~』『ゴールデン・ボーイ 若きNY市警本部長』『セイラム 魔女の棲む町』『ローズウッド ~マイアミ私立検視ラボ』などで作品の指針となるパイロット版を担当し、見事にシリーズ化へと導いてきた名手だ。『アグリー・ベティ』ではエミー賞監督賞も受賞。マーフィー作品でシェパードがメガホンを取るのは、今回が初めてとなる。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。