『ダ・ヴィンチ・コード』ドラマ化、『クリミナル・マインド』脚本家でパイロット製作へ

『ダ・ヴィンチ・コード』ドラマ化、『クリミナル・マインド』脚本家でパイロット製作へ

ダン・ブラウンのベストセラー小説をトム・ハンクス(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)主演で映画化し、世界的な大ヒットとなった『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ。その主人公ロバート・ラングドンの若かりし頃を描くドラマ版が米NBCで製作されることは以前お伝えした通り。この度、そのパイロット版の製作とそれを手掛ける脚本家が決まった。米Hollywood Reporterなどが報じている。


ラングドンの小説シリーズはこれまでに「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」「ロスト・シンボル」「インフェルノ」「オリジン」の5冊が発表され、2006年に『ダ・ヴィンチ・コード』、2009年に『天使と悪魔』、2016年に『インフェルノ』がいずれもトム主演で映画化されていた。今回パイロット製作が決まった『Langdon(原題)』というタイトルの前日譚ドラマは、小説では3作目となる「ロスト・シンボル」が原作。同作は2009年の出版直後からトム主演で映画化すると報じられていたが、その後立ち消えとなっていた。


「ロスト・シンボル」の設定は「ダ・ヴィンチ・コード」の数年後だが、ドラマ版はラングドンの若き姿を中心に描かれるという。ハーバード大学の宗教象徴学の権威であるラングドンが、恩師の誘拐事件を解き、世界にはびこる陰謀と立ち向かうことになるというストーリーだ。ラングドンの若かりし頃の話ということもあり、トムの去就が気になるところだ。現時点でキャスティングは不明。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ライアン・レイノルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ライアン・レイノルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「コリン・ファレル」のニュース

次に読みたい関連記事「コリン・ファレル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「唐沢寿明」のニュース

次に読みたい関連記事「唐沢寿明」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。