『ジョン・ウィック』脚本家が手掛けるアクションコメディに『パルプ・フィクション』ジョン・トラヴォルタが出演!

『ジョン・ウィック』脚本家が手掛けるアクションコメディに『パルプ・フィクション』ジョン・トラヴォルタが出演!

クエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』や実録犯罪ドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』に出演しているジョン・トラヴォルタ。新配信サービスQuibiのコメディドラマ『Die Hart(原題)』で、ジョンがコメディアンのケヴィン・ハート(『ジュマンジ』シリーズ)と共演することが分かった。米Deadlineが報じている。


ジョンとケヴィンがタッグを組むアクション・コメディドラマ『Die Hart』の主人公は、架空バージョンの自分自身を演じるケヴィン。コミックリリーフ的な相棒役にウンザリした彼は、有名監督からアクション映画の主役をオファーされて夢が叶ったと思いきや、まずは変人コーチが運営する、世界屈指のアクションスター養成学校で訓練を積まなければならなくなる...という展開。コーチのしごきとライバルの生徒により限界まで追い詰められたケヴィンが、激しいアクションを懸命にこなしつつも、夢にまで見た主役の座を逃がすかもしれないという恐怖に直面する姿がコメディタッチで描かれる。


ジョンはケヴィンが参加する養成学校のコーチを演じる。その他のキャスティングは未定だ。


デレク・コルスタッド(『ジョン・ウィック』シリーズ)とトリッパー・クランシー(『ガン・ドッグ』)が脚本を手掛け、監督を務めるのはエリック・アペル(『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』)。


ジョンは、1970年代後半から1980年代前半にかけて大流行したディスコ・ブームに乗り、音楽をテーマにした映画『サタデー・ナイト・フィーバー』『グリース』『ステイン・アライブ』に主演して大スターになったが、1980年代後半からキャリアが低迷。しかし、1994年の『パルプ・フィクション』で再び存在感を示して復活を遂げ、その後はジョン・ウー監督の『ブロークン・アロー』『フェイス/オフ』などでアクションに挑戦していた。2016年に『アメリカン・クライム・ストーリー』で本格的にドラマ界に進出し、O・J・シンプソンの弁護団の一人ロバート・シャピロ弁護士を演じていた。


ジョンにとって『アメリカン・クライム・ストーリー』以来のドラマ作品となる『Die Hart』の製作は、週明けにスタート予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:

昨年披露したスキンヘッド姿はどことなく鬼コーチっぽい?ジョン・トラヴォルタ
(C)NYKC

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ジュード・ロウ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジュード・ロウ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「真剣佑」のニュース

次に読みたい関連記事「真剣佑」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ショーン・ペン」のニュース

次に読みたい関連記事「ショーン・ペン」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月9日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。