アカデミー賞脚色賞受賞タイカ・ワイティティが贈る『マンダロリアン』シーズン最終回

アカデミー賞脚色賞受賞タイカ・ワイティティが贈る『マンダロリアン』シーズン最終回
アカデミー賞脚色賞受賞タイカ・ワイティティが贈る『マンダロリアン』シーズン最終回
アカデミー賞脚色賞受賞タイカ・ワイティティが贈る『マンダロリアン』シーズン最終回
アカデミー賞脚色賞受賞タイカ・ワイティティが贈る『マンダロリアン』シーズン最終回
アカデミー賞脚色賞受賞タイカ・ワイティティが贈る『マンダロリアン』シーズン最終回
アカデミー賞脚色賞受賞タイカ・ワイティティが贈る『マンダロリアン』シーズン最終回

シーズンフィナーレへ。本年度アカデミー賞脚色賞受賞の『ジョジョ・ラビット』で監督&製作&脚本&出演の4役を務めたタイカ・ワイティティが満を持してメガホンを執った『スター・ウォーズ』シリーズ初の実写版ドラマ『マンダロリアン』のシーズン最終回「贖罪」がついに配信! 前回第7話のあらすじと、最終回となる第8話の見どころを紹介!



2019年に最もアメリカで視聴された配信サービスのドラマシリーズであり、先日スピンオフの製作も報じられた『マンダロリアン』。マンダロアを舞台に、帝国の崩壊から5年後、ファースト・オーダーが台頭する前の物語を全8話で描いている。


先週配信された第7話「罰」では、タイ・ファイターとデス・トルーパーが登場し、『ブレイキング・バッド』『ベター・コール・ソウル』のガス役で知られるジャンカルロ・エスポジートが姿を見せた。



マンダロリアンは、ある人物からクライアントを抹殺する話を持ちかけられる。次々と差し向けられる追っ手からザ・チャイルドを守るためにはそうするしかないとマンダロリアンは考え、キャラ・デューンも誘って計画に乗ることに。アグノートも誘おうと訪ねると、そこには以前ザ・チャイルドを殺そうとし、マンダロリアンが打ち倒したIG-11の姿が...。そして、元帝国軍高官のモフ・ギデオンが彼らを待ち受けていた。




そして、あす14日(金)より配信されるシーズン最終回、第8話「贖罪」。マンダロリアンは、予想外の相手と戦うことになり、米メディアio9.comは「涙、喝采、衝撃、そして畏敬の念さえ感じる最高の最終話」と絶賛している。同エピソードでメガホンをとるのが、タイカ・ワイティティ。彼は、マーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の監督であり、同作他『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場する惑星サカールの囚人コーグとしても出演している。本シリーズではドロイドIG-11の声を務めている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。