『キャプテン・マーベル』ジュード・ロウ、新作ホラーコメディで主演!

『キャプテン・マーベル』ジュード・ロウ、新作ホラーコメディで主演!

『キャプテン・マーベル』、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』など、大ヒット映画で活躍しながら、『ピウス13世 美しき異端児』でTVシリーズにも出演しているジュード・ロウが、『ジョジョ・ラビット』で本年度アカデミー賞脚色賞を受賞したタイカ・ワイティティとタッグを組み、新たなTVドラマの企画を進めていることがわかった。



米Deadlineによると、ジュードが主演する新作は、1エピソードが30分となる米Showtimeのリミテッドシリーズ『The Auteur(原題)』。タイカは監督としてパイロット版のほか、都合がつけば数話でメガホンを取る予定で、ピーター・ウォーレン(『Ghost Team(原題)』)とともに脚本も務める。彼ら二人に加えて、ジュードも製作総指揮に名を連ねる。


本作は、ジェームズ・カラハン&リック・スピアーズ著の同名グラフィックノベルをベースにした作品とのこと。ジュードが演じるエキセントリックな"作家"の視点からハリウッドを風刺した物語が語られるという。


だが、まもなくジュードが出演する『ファンタスティック・ビースト』シリーズ第3弾の撮影が始まることに加え、タイカは今年の後半から制作開始予定の『マイティ・ソー』シリーズ第4作で監督を務めるため、新作がいつから始動するかは不明だ。


ジュードは年始から大活躍。『ピウス13世』の続編となる『The New Pope(原題)』が米HBOにて放送(1月10日~2月7日)されたほか、ブレイク・ライヴリー(『ゴシップガール』)と共演しているミステリー映画『The Rhythm Section(原題)』が全米で公開中。さらに、主演を務めたスリラー映画『The Nest(原題)』が先日開催されたサンダンス映画祭にてお披露目された。


一方、タイカも多方面でその才能が認められている。「Disney+」の人気シリーズで日本ではディズニーデラックスで配信中の『マンダロリアン』ではIG-11の声優を務めながらメガホンを執り、現在製作が進んでいるリブート版『スーサイド・スクワッド』に俳優として出演している。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジュード・ロウ (c)JW

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ヒュー・グラント」のニュース

次に読みたい関連記事「ヒュー・グラント」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「本木雅弘」のニュース

次に読みたい関連記事「本木雅弘」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「真田広之」のニュース

次に読みたい関連記事「真田広之」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。