『フレンズ』リユニオン番組がついに実現!各自のギャラは250万ドル以上

『フレンズ』リユニオン番組がついに実現!各自のギャラは250万ドル以上

1994年から2004年まで10シーズンにわたって続いた大人気シットコム『フレンズ』。昨年は25周年を迎え様々なイベントも開催されたが、この度、以前から噂されていたリユニオン番組がついに製作されることが分かった。米Varietyなどが報じている。


米HBO Maxが手がける同番組には、ジェニファー・アニストン(レイチェル役)、コートニー・コックス(モニカ役)、リサ・クドロー(フィービー役)、マット・ルブラン(ジョーイ役)、マシュー・ペリー(チャンドラー役)、デヴィッド・シュワイマー(ロス役)という6人のメインキャスト全員が登場。それぞれが手にする出演料はなんと、一人あたり少なくとも250万ドル(約2億7500万円)だという。彼らの『フレンズ』での出演料は最終的に100万ドル(約1億1000万円)に達したと言われていたが、それを考えても破格のサラリーだろう。


米Netflixで2019年末まで配信されていた『フレンズ』全10シーズンは、ワーナー・ブラザースが権利を獲得。今年5月にローンチするワーナー傘下の配信サービス、HBO Maxで再び『フレンズ』の全236話は見られるようになるが、現時点で北米では視聴ができない。『フレンズ』はNetflix製作の作品ではないものの外部マーケティングによると同サービスで最も視聴されていた作品の一つであり、Netflixとの契約終了が報じられて以来、ワーナーでは同作の売り上げが3倍になったと言われている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「リース・ウィザースプーン」のニュース

次に読みたい関連記事「リース・ウィザースプーン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。