リブート版『ゴシップガール』のメインキャストがついに発表!

リブート版『ゴシップガール』のメインキャストがついに発表!

2007年より6シーズンにわたり米CWで放送され、NYに暮らすセレブな高校生の友情や恋愛模様を描いて世界的な大ヒットなった『ゴシップガール』。新配信サービスでそのリブート版が製作されることはお伝えした通りだが、この度メインキャストが発表された。米TV Lineをはじめとする複数メディアが報じている。


ワーナー・メディアが立ち上げる新配信サービスHBO MAXで製作されるリブート版『ゴシップガール』は、オリジナル版が終了してから8年後を舞台に、ソーシャルメディアとNYの状況がいかにして変わったのか、マンハッタンに暮らすゴージャスな高校生を新たに紹介し描かれる。全10話となり、オリジナル版でクリエイターを務めたジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージが製作総指揮を務め、脚本・製作総指揮を担ったジョシュア・サフランも続投する。


そしてそんな次世代の高校生を演じるのは、以下の若手俳優たちだ。『コード・ブラック 生と死の間で』アリエル役のエミリー・アリン・リンド、『モリーズ・ゲーム』ステラ役のホイットニー・ピーク、『Pretty Little Liars: The Perfectionists(原題)』のイーライ・ブラウン、『リーサル・ウェポン』バーナード・スコセッシ役のジョナサン・フェルナンデス、そしてブロードウェイやNBCライブミュージカル『Peter Pan Live!(原題)』などで活躍するジェイソン・ゴッテイ。現時点ではそれぞれが演じるキャラクターなどは発表されていない。


『ゴシップガール2.0』とも揶揄さえる本作についてシュワルツは、「セリーナやブレアを演じる新しい俳優はいない」と続編であることを断言。そんな中、オリジナル版でゴシップブログの管理人"ゴシップガール"として、全エピソードのナレーションを務めたクリステン・ベル(『グッド・プレイス』)が、引き続きナレーションで番組を盛り上げることが決まっている。


HBO MAXのオリジナルコンテンツ部の責任者であるサラ・オーブリーは以前パイロット版を見終わって、「とても安心しています。素晴らしい出来ですので。ご想像の通り、期待値がとても高い作品ですので」と述べていた。


どのような『ゴシップガール』になるのか気になるところ。HBO MAXは2020年5月より米国でサービスが開始されるため、本作の配信はそれ以降になる。オリジナル版の見どころや視聴記録は、【海外ドラマNAVI作品データベース】にて。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『ゴシップガール』(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。