『フレンズ』コートニー・コックス、次に演じるのはかなりワイルドな売れない小説家

『フレンズ』コートニー・コックス、次に演じるのはかなりワイルドな売れない小説家

大ヒットシットコム『フレンズ』のモニカ役でおなじみのコートニー・コックスが、米Starzのホラードラマ『Shining Vale(原題)』に出演することが明らかとなった。そのワイルドな役どころについて米TV Lineが報じている。



まずはパイロット版の製作となる『Shining Vale』の主人公は、‟レディ・ポルノ"と称される、麻薬と酒にまみれた女性のエンパワーメントを描く小説で名声を得たパトリシア・‟パット"・フェルプス。


ワイルドな過去を捨ててから17年後、すっかりクリーンでしらふになったが満たされないパットは、2冊目の小説を書けないでいた。反抗期の子どもを抱えて夫婦関係もご無沙汰になっていたパットが、若くて魅力的なアーティスト兼便利屋、ミュージシャンでもある隣人と15晩にわたり熱い不倫関係を持ってしまう。こうして、パットは結婚生活を救うために都市から田舎町にある古い家に家族と引っ越すのだが、そこは邪悪とユーモアが共存する家だった――。


共同で脚本を手掛けるのは、『ヴェロニカ's クローゼット』で製作総指揮を務めたジェフ・アストロフと、サラ・ジェシカ・パーカーが主演した離婚ドラマ『Divorce/ディボース』)でクリエイターを担ったシャロン・ホーガン。アストロフは『フレンズ』でペンを執ったことがあることから、コートニーとタッグを組むのは2度目となる。


以前にコートニーは、ホラー映画『スクリーム』シリーズでレポーターのゲイル・ウェザーズを演じており、すでにホラー作品は経験済みだ。その他にはゴシップ誌の編集長ルーシー・スピラーを描いた米FXのドラマ『Dirt』に主演し、ファミリー・コメディドラマ『クーガータウン』では6シーズンにわたりシングルマザーの主人公を演じた。


なお、先日当サイトでもお伝えしたが、コートニーがブレイクするきっかけとなった『フレンズ』の25周年を記念するリユニオン番組が、米HBO Maxで製作されることが正式に決定。主要キャスト6人の出演料は、一人当たり少なくとも250万ドル(約2億7500万円)になると報じられていた。(海外ドラマNAVI)


Photo:コートニー・コックス©NYCM

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「サルマ・ハエック」のニュース

次に読みたい関連記事「サルマ・ハエック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サンドラ・ブロック」のニュース

次に読みたい関連記事「サンドラ・ブロック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キャサリン・ハイグル」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン・ハイグル」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月6日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。